ブログランキング36

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1117
  • 読者 531
  • 昨日のアクセス数 8789

Free Bird 13

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/22 10:45:45

  • 29
  • 0

これ以上翔平さんのところにいたら、どんどん気持ちが大きくなってしまいそうで怖い。

それでもやっぱり一緒にいると嬉しくて、楽しくて、
二人でご飯を作ったり手を繋いで寝るだけでも幸せ過ぎて胸がいっぱいになる。


翔平さんは、どう思ってるのかなぁ?



……でも、そんなことを考えてる場合じゃなくなった。


ゆめちゃんと完全に別れてしまった大和さん。
その大和さんから、衝撃的な話を聞かされた。

「企画部の女子社員が退職願いを出したらしいんだけど……その原因が森原さんらしいんだ」


話を聞いて頭の中が凍り付いたようになって、
スライドの絵が入れ替わるようにたくさんの光景が次々に浮かぶ。


元カレから受けた暴行。
手錠を嵌められて、家畜のような扱いを受けたこと。
先輩の怒鳴り声。

痛み。


手首のシュシュは就職して腕時計に変わったけど、傷は何も変わらない。
ちょっとしたことで生々しい痛みとなって蘇る。


「あの最低なクソ野郎を会社に……ううん、社会にいられなくしてやる」


気付いたら口に出していた。


……あ、翔平さんも大和さんもドン引きしてる。
当たり前か。



「大丈夫?」

大和さんと別れてから、翔平さんが遠慮がちに聞いてきた。

「え?ゆなは今はもうなんともないもん!それよりゆめちゃん……絶対に守らないと!」
「確かに有村さんも心配だけど……ゆな、無理して笑ってばっかいんなよ?」
「無理してな……っ!」


ぎゅう…って抱き締められて、頭が真っ白になった。


「そうやって笑うから、余計心配なんだって……俺の前では泣いてもいいから……」


何?なに!?
何言ってんの……?

そんなこというから……涙止まらなくなっちゃうじゃん……。


あたしが泣き出したから、翔平さんはすぐ近くにあった資料室の中にあたしを連れてって鍵を閉めた。

「ふぇ……なんで、そういうことばっか……っ」
「そういう事って?」
「やさしく……から、甘えちゃう……っれじゃ、今までと同じだし……っ」
「……いいんじゃん?……るし……」


もう途中から何言ってるのかも分かんなくて、
過呼吸気味になるぐらい泣いて……

泣き止んだ時には、すごーくスッキリしてた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「大和さん!!別れちゃったって本気ですか!?」ゆめに別れ...

  2. 「え!?だって……大和くん、優奈ちゃんと付き合ってるんじゃ…...

  1. とりあえず会社に行って、千紗さんにだけ報告した。だってゆ...

  2. それは入社してしばらく経った頃のこと……。「ゆーめちゃ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/23 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3