【SSS】シオの道草ブログ

☆シオ短編集☆【悠の詩】執筆再開。変わらずノロノロですみません(>_<)

  • 記事数 1419
  • 読者 117
  • 昨日のアクセス数 507

悠の詩.70

しおりをはさむ

テーマ:小説 > その他

2017/10/10 21:53:21

  • 5
  • 0

医務室の裏口がすぐタクシー乗り場になっていて、かあちゃんが呼んだタクシーが停まっていた。

ありがたい、歩く度痛みに響いて辛いから助かる。

かあちゃんと先生の手を借りながら後部席に乗り込む。


『△△総合病院まで』


かあちゃんが行き先を伝えると、タクシーはゆっくりと走り出した。

敷地を出るには球場を半周する、その時に、スタンドの出入口から樹深と丸山と由野と柏木が階段を降りてきた。

キョロキョロと見回していて、多分俺の事を探してる。

振り返りで体を動かすのもきつかったから、進行方向を向いたまま、アイツらとすれ違った。



柏木と、目が合う。



まさか、と思ったが、サイドミラーにこのタクシーを見つめる柏木が映っていて、それはどんどん小さくなってミラーの端に消えた。



アイツの眼差しが妙に印象的で、それを俺は何故だかこの先ずっと忘れられない。





強烈な打撲による筋挫傷、と診断された。

要は肉離れ、だけど酷い断裂の仕方で、想像以上の炎症を起こしていた。

レントゲンを撮って貰ったが、骨は折れていなかった。

それだけでもよしとしなけりゃならないのか、、、しばらくの安静、それからのリハビリ、いつドクターストップが解かれるのか分からないというのに?



俺から野球を取らないで、いつだったかのおふざけ半分の自分を、ふ、ははは、冷たく笑った。



病院での待ち時間は死ぬほど長くて、ようやく終わって家に着いたのは日が暮れて大分経ってからだった。

食欲も起きず、真っ直ぐ自分の部屋へ閉じ籠った。

電気も点けないで、ベッドにうつ伏せになって、ボソッと闇へ吐いた。





「、、、終わっちゃったんだ、なあ」





玄関を跨いだ時に視界に入ってきた、廊下の電話の留守録のランプのチカチカ、、、



(ご用件をお話し下さい、ピーッ。


もしもし。○○○中野球部の□□です。

春海くんの具合どうですか。

試合は、あの後逆転されて、9回裏の攻撃も及ばず、、、敗退しました。

ゆっくり休んでくれと伝えて下さい。また後日連絡します)



顧問の先生の沈んだメッセージ、、、



それらが胸をえぐった気がする、それを隠す為に、自分の下にある掛け布団を掻き集めて、手と脚でギュッと閉じ込めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3