官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 796

#6 ホワイトクリスマス

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/23 10:16:33

  • 18

公園は大勢の人で賑わっていた。



園内に入ると、色とりどりの電飾が様々な木にくくりつけられ、キラキラと輝いている。



噴水も灯に照らされて、柔らかな光の波が揺れている。



中でも、見どころなのは、園の中心にある、とても大きなモミの木だった。



たくさんの色のネオンの光が散りばめられているだけではなく、金色や赤色をしたボールや、雪の結晶のモチーフ、小さな鐘、木ノ実など、数多くの飾りが賑やかに装飾されていた。




未央「ぅわあー!!! 綺麗っ!!! 大っきいねー!!」



奏太「ですねっ!!思ったよりも凄いです!ここに決めて良かった」



未央「私、こういう公園とかテレビで見たことしかなかったんだけど、実際に来るとすごく綺麗なんだね!びっくりー!」



奏太「ふふっ、満足出来たなら良かったです」



イルミネーションの光が、装飾を見上げる未央の顔を照らす。



奏太(未央さん、めっちゃ、綺麗です…)




今年のクリスマスはとても冷えた。



未央(奏太くん、私とは、手を繋いでくれたりしないのかな…なんてね…。)



2人で園内を歩いていると、ふわふわっと雪が降りてきた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. カラン……?クローバーの台座からあおす...

  2. 光も届かぬ海の底見上げれば遠くに光射すオー...

  1. 午後からのおやつは珈琲ゼリー寄せフルーツサラダたっぷり...

  2. 少し歩くと目の前に大きな建物が見えた。良くみると風車のよう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3