官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 441
  • 昨日のアクセス数 690

#6 デートのお誘い7

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/22 01:34:20

  • 47

奏太は運転をしながら未央に話しかけた。


奏太「未央さん、どうでした?スノボ、好きになれそうですか?」



未央「うん!すっごく楽しかったよ。でも、1人じゃ無理だよ、上手くなれる気がしないもんっ!」



奏太「あはは!僕がいつでも教えてあげますよ!」



未央「そ、そうだね!ありがとう。」

(ううん、このままじゃ好きになりそうで怖いよ!)」



ようやく、未央の家に着く。



辺りは真っ暗だ。



未央は車を降りる。


ガチャ


未央「奏太くん、今日も本当にありがとう。疲れたでしょ?」


奏太「いえ!すっごく楽しかったです!」



未央「あ、もしよかったら、コーヒーでも飲んでく?眠気覚まし。」



奏太「え!いいんですか?ありがとうございます!」

(やったー!もっと未央さんと一緒にいれる〜っ!)



奏太は車を駐車場に止め、未央の部屋へ入る。



ガチャ



そして、以前と同じように座り、未央の手からコーヒーを受け取った。


奏太「はぁー!美味しいですっ!」



未央「よかった」


ニコッと微笑む未央。



奏太「未央さん、たぶん、明日、全身すっごい筋肉痛になると思うんで、覚悟しておいて下さい!」


笑いながら話す奏太。


他愛もない話の中、コーヒーを飲み終えてしまう。



奏太(もう、飲み終わっちゃった…)
「じ、じゃあ、僕は帰ります。ご馳走さまでした!」



未央「うん、気をつけてね?」



未央はドアまでお見送りをする。



奏太はドアを開け、外へ踏み出そうとする。



が…、


クルッと向きを変え、勢いよく未央を抱きしめる。



未央「わっ!」



奏太「未央さん、僕!…」



未央「そ、奏太くん!?」



奏太はなにも言わずギュッと力を入れると、その体を離し、



奏太「いや…。なんでもないです!それじゃあ」


と言って帰っていった。



未央「奏太くん…?」


未央はドキドキした。

同じテーマの記事

  1. 1

    MyhoneyCin...

    4時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18319 / 読者数 4122

  2. 2

    YOU.

    2日前

    優奈

    記事数 470 / 読者数 753

  1. 3

  2. 4

    When love ...

    17時間前

    リノ

    記事数 714 / 読者数 1486

関連するブログ記事

  1. 奏太の車が未央の家の前に着いてしまった。奏太「着いち...

  2. その後、2人は店を出てドライブをする。未央(奏太くんっ...

  1. 奏太「未央さん」(すごくオシャレしてる。もしかして、元カ...

  2. 未央「はぁー。奏太くん、本当にありがとう!助かったよ!…それ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/16 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3