ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2946
  • 読者 703
  • 昨日のアクセス数 32222

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/24 09:18:17

  • 101
  • 0

陸のクセのある弾き方はその姿を消し、より洗練された音とテクニックは間違いなく他のギタリスト達を唸らせるはずだ。

ライヴは周年イベントやクリスマスパーティーで何度か経験したぐらいの物なのに…

陸は自分を見せるのが上手い。

それを感じるたびに、メディアに出ない選択はもったいなかった…と俺自身が思ってしまう。

こいつのステージングに憧れる社員は多いだろう。

見て損はない。と言い切れる。


千寿のプレイも…以前より事細かに音を出しているし、繊細なイメージが強かった音作りは陸とは正反対に少し粗野だと感じてしまうのに…

二人のギターは、驚くほど…より深く絡み合う音になっている。

誰もが思うだろうが、千寿は独特な雰囲気の持ち主で…まずはそれが最大の強味だ。

一度見たら忘れられない印象。

だが、プレイ中の千寿は…普段とはかけ離れる。

そのギャップがいい。


聖子は臼井の所に通って、自分の殻を脱したいと思っていただけあって…

見事に生まれ変わっている。

元々はシンプルに正確にをモットーとしていたようだが…

ここにきて、そう来たか。と笑いが出る。

ダイナミックな旋律。

このままベースだけでソロが弾けそうだ。

…メディアに出ないと決めた時、メンバーを全世界に自慢したかった…と涙した聖子。

いつだってSHE'S-HE'Sを誇りにして、その一員であり続けるために自分を磨き続ける意識は…誰よりも強い。


まこは…SHE'S-HE'Sの中で一番出来る奴だ。

全てにおいて。

だが、そのまこにもダメ出しをしたと聞いた時は、里中には度胸があるなと笑った。

俺でさえ、まこの改善部分は思いつかない。

それでも…聴けば分かる。

まこも変わった。

以前の、ロックとクラッシックの融合ではなくて…

ハードロックだ。

もしかしたら、まこはそれを無意識に苦手としていたのかもしれないな…


光史のドラムは…さっきDeep Redでも体感したが…

言いようのない安心感がある。

若い頃から基本に忠実で常にリズムキープを保つトレーニングをしたり…

本当に生真面目な男で、その性格がドラミングにも表れていた。

だが、そこに荒々しさが加わって…この歳になってもまだそれ以上が叩けるのか。と笑いさえ出る。

もうすっかり世界で認められているドラマーなのに、聖子と一緒で、向上心の尽きない光史。

…今後も、きっと…誰もが驚くほど昇り詰めるだろう。


「…ん?」

ギターソロが終わる頃、ステージに人影が増えた。

カメラもそれを追う。

…二人。

その姿は知花の少し後ろに用意されたマイクスタンドの前に立った。

「……え?」

俺は椅子から身体を起こして、モニターを食い入るように見る。

「…瞳…?」

向かって左側にいるのは、瞳だと分かった。

が…

その隣には…

「……さくら…?」

さくらが…

ステージに立っていた…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 41st 78

    09/13

    『Thanks for coming!!』二曲歌い終わっ...

  2. 8th 47

    05/27

    「ああ、ここにいるよ。いや、もう事務所には連絡入れた。ああ…...

  1. おれの気持ちの揺らぎに気付いたのか生来迷いの無いフウちゃんの...

    蒼い風

    • 10
    • 0
  2. 42nd 2

    09/14

    「おまえ、初回から容赦なかったな。」録音した音源をチェッ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3