ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2958
  • 読者 710
  • 昨日のアクセス数 22996

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/23 23:23:41

  • 92
  • 1

『BEAT-LAND Live alive』

斉藤健吾(ゲスト枠出演 Bad Creatersパフォーマー)


ビートランドのミュージシャンのレベルの高さに度胆を抜かれっ放しの俺達。

朝から緊張してたせいか、Deep Redの後の映像で少し眠気が来てた所に…

「次が最後だよな。」

「サインもらいに来てくれた人達、最後って言ってたけど…どんなバンドだろ。」

「Deep Redって大御所の後なんてさ…やりにくいだろうな。」

みんなで口々にそんな事を言ってたが…

「えっ…」

そのオープニングで…全身の毛穴が開いたし…

目も覚めた。


「えっ…えっ?」

「あれ…さっきの女の人…?」

「色紙持ってたのはベースじゃね?」

「はっ…?ボーカルは…赤毛の人?」

全然違う!!

黒髪はウィッグだとしても…

顔付が!!

ふわっとしてた印象なのに…何だ!?

この、獲物を狩るような目!!

「や…やべー…超かっけぇ…」

真吾が真っ先にステージ前に走った。


たぶん…メンバー六人の中で、俺が一番音楽好きだと思う。

このバンドの存在は知らなかったけど…

相当レベルが高いのは…分かる。

ボーカルが圧巻過ぎて、他に耳が行きにくいけど…

ギターの二人、恐ろしくピッタリだな…

それに、ステージングもカッコいい…て言うか、見た目がイケてる…

おっさんなのに、…かっけぇな…

それに、ドラムも…すげー迫力だ。

腹にくるようなバスドラ…この人、Deep Redでも叩いてたよな。

あー…何で今日出演者全員のプロフィールとか配られないんだ?

写真撮影も一切禁止だし…

このステージ…すげー切り取りたい…!!


「俺達…ずっと自分達が一番だって思いながらやって来たけどさ…上には上がいるって自覚持ってもいいよな…」

もちろんジャンルは違うけど…

同じ音楽をしてる身として…強く思う。

一瞬で、こんなに鳥肌を立たせる事の出来るミュージシャンって…そんなにいない。

社長には、常に自分達がトップだって自信を持って、上から見下ろすつもりでいろって言われ続けて来たけど…

それには限界が来てる事にも気付いてた。

考えを改めないと、俺達は時代に取り残されるだけだ。

『こんばんは!!SHE'S-HE'Sです!!』

そう言って、ボーカルの人は笑顔になった。

ああ…さっきのふわっとした人だ…って思って、俺も笑顔になった。

…ん?

「…今…SHE'S-HE'Sって言った…か?」

誰にともなく問いかける。

「ああ…そんな名前に聞こえたけど…知ってんのか?」

「SHE'S-HE'Sって…世界に出てるバンドじゃん!!」

「えっ!?」

「しかもメディアに一切登場しないんだよ!!顔も出してない!!」

「……」

俺達…とんでもないイベントに呼んでもらえてるんだ…って、改めて感じた。

もう…こうなりゃ…

「前行って盛り上げようぜ!!」

「おう!!」

先に前に出てた真吾の隣に行って、みんなで跳んだ。

なんだよ…

自分達のステージより楽しいなんて…


…ビートランド、サイコー!!

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. スズさん(39歳)ID:6604536・09/24

    そうなんです!
    ビートランドはサイコーなんです♪( ´θ`)ノ

関連するブログ記事

  1. 43rd 19

    09/22

    『BEAT-LAND Live alive』小野寺真吾(...

  2. 44th

    09/24

    俺は東映(あずまえい)…職業、F'sのベーシスト。そのF...

  1. 41st 50

    09/12

    「…何?」俺は机の上の書類から視線を上げて、千里を見た。...

  2. 27th 66

    06/28

    プレシズの会場は、音楽業界のみならず、出版社やCM会社、各界...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3