ブログランキング18

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3372
  • 読者 727
  • 昨日のアクセス数 12031

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/22 12:53:26

  • 91
  • 0

『BEAT-LAND Live alive』

神 千里


「おい、まさか緊張してるとか言うんじゃねーだろうな。」

いつも威勢のいいBackPackを前に仁王立ちして言うと。

「き…緊張…っ?こここれは、武者震いってやつです…っ!!」

春香が声を震わせて言った。

…冗談だろ、おい。

心を入れ替えてからは、あれだけしっかり練習したのに…

「かっかかか神さん…あたし達…ほっほほ本当に…バカで子供でした…」

「何だよ今さら。」

「と…トップから…すごいバンドが…立て続けに…二つも…」

「あー、稼ぎ頭になってもらわなきゃ困る奴らだからな。」

「そ…そんな人達と…同じステージなんて…」


…やれやれ。

スタジオで『あたし達サイコー!!』って連発してたのは、どこのどいつだよ。


「おまえらは、上手くやろうなんて思わなくていい。」

俺は五人を前にして言う。

「いつも通り、楽しくやりゃいーんだよ。」

「楽しく…」

「そ。余計な事をごちゃごちゃ考えんなよ?」

「……」

五人は顔を見合わせて、バラバラに頷いた。

…ま、もうどうにでもなれってやつだな…


DEEBEEが終わって、客席は大拍手に包まれている。

「あっ、神さん…」

ステージ袖に走って戻って来た詩生が、俺に気付いて汗だくで前髪をかきあげた。

「ずっと…ここに?」

「ああ。」

詩生は俺の後ろにBackPackを見付けて、きっと詩生の歌を聴いてなかったと思ったらしい。

「…そうですか。」

少しがっかりしたような詩生の胸を、拳で一突き。

「強くなれよ。」

「…えっ?」

詩生は驚いたように顔を上げた。

「みんなの前で誓ったんだ。華月に永遠の想いを捧げるってな。そのためにも、ちゃんと強くなれ。」

「……」

俺の言葉に詩生は真剣な目をして。

「はい。見てて下さい。」

ハッキリと…そう言った。

ポンポンと詩生の肩を叩いて、通り過ぎる。

「DEEBEE、お疲れ。よくやった。」

映と希世と彰にハイタッチをして、俺について来てた詩生に振り返ってハイタッチする。

こいつらには…もっともっと這いあがってもらわなきゃ困る。

華音のいるDANGERと、切磋琢磨しながら…

もっともっと高みを目指して欲しい。


「よし、BackPack、出番だ。」

俺と同じく…客席よりこっちに居たがったナオトさんがそう言うと。

「…頑張るよ。」

「うん。楽しもう。」

五人はそれぞれそんな事を言って。

「行って来ます!!」

俺に笑顔を向けた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    57分前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18319 / 読者数 4121

  2. 2

    YOU.

    2日前

    優奈

    記事数 470 / 読者数 736

  1. 3

  2. 4

    When love ...

    13時間前

    リノ

    記事数 714 / 読者数 1485

関連するブログ記事

  1. 33rd 61

    07/16

    『BEAT-LAND Live alive』 朝霧沙也伽...

  2. 43rd 42

    09/23

    『BEAT-LAND Live alive』桐生院華音...

  1. それは…夢のような光景に思えた。スポットライトに当た...

  2. 43rd 18

    09/22

    『BEAT-LAND Live alive』東 圭司...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/15 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3