ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3005
  • 読者 717
  • 昨日のアクセス数 29157

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/21 23:21:33

  • 88
  • 0

ルームの隅っこで自分の世界に入り込んでると、誰かに背中を叩かれた。

振り向くと聖子がニコニコして。

「佳苗来てるよ。」

って…

先週、体調が悪いって言ってたのに…と思って椅子を出して座らせると…

…まさかの妊娠報告。

まだ入籍して二ヶ月だけど…

えーと…

つい頭の中で、いつ?いつ出来た?って…考えてしまった。

まあ…許嫁だったし…

彰君も佳苗も派手な事はしたくないとかって入籍しただけで、結婚式はしていない。

僕としてはー…佳苗の白無垢とかウエディングドレス姿、見たかったんだけど…

…本人達がそう言うんだから、仕方ないか…って。


「わー!!まこちゃんがおじいちゃんだなんてー!!」

聖子が大袈裟にそう言って、僕に抱きついた。

「あはは。聖子だって、おばあちゃんだよー。」

40代で孫かあ…

あ、光史君はとっくにおじいちゃんになってる身だけど。


「えー?佳苗ちゃん、おめでとう。いいなあ、まこちゃんも聖子も…」

聖子に抱きつかれたままでいると、知花が本当に羨ましそうな顔をして首を傾げた。

「あたしも早く孫が欲しいなあ。」

「いやー、あんたに『孫』って似合わないわ。」

「そんなの言ったら二人だって。」

「光史君も入れたら三人だね。」

「いや、光史はもうお爺ちゃんの貫録たっぷりだぜ。佳苗ちゃん、おめでとう。」

「来月は好美も出産するからな…孫二人目だぜ。おめでとう、佳苗ちゃん。」

陸ちゃんと光史君も輪に入って来て。

「あ…ありがとうございます。」

佳苗がペコペコと頭を下げる。

「いいなあ…」

知花は何とも言えない顔をして、それを連発…

…知ってる?

今日イベントなんだよ?

本番だよ?

「華音、全然彼女連れて来ないし…女の子に興味ないのかなあ。」

知花は本気で孫が欲しいのか、佳苗に『何か月?出産予定日は?』なんて聞き始めてる。

そっか…知花の孫となると…ノン君かサクちゃん…華月ちゃんが結婚しなきゃだけど…

サクちゃん、婚約はしたものの…なかなか結婚式の日取りとか決まらないみたいで。

本当に結婚するのかな…?って、ちょっとその辺は誰も聞けずにいる。

となると…

「華月ちゃんが近いんじゃ?」

「……」

知花は唇に指をあてて『んー』って考えた後。

「セーン、詩生君と華月って、結婚の話どうなってるのかなあ?」

スタジオから戻って来たセン君を捕まえて、何やら質問攻め。


「ともあれ…佳苗、おめでとう。今日は彰君のステージが観たいのは分かるけど、身体に無理するなよ?」

本当は…もっと大っぴらに優しい人と結婚して欲しかった…なんて、口が裂けても言えないけど。

佳苗は昔から彰君一筋だったもんな…

…うん。

一番の幸せだよ。

好きな人と結婚出来るなんてさ。

「うんうん。身体が一番よ。悪阻が酷かったりしたら、彰に八つ当たりでも何でもしてストレス発散するのよ?」

僕の言葉に後、聖子が頷きながら言って。

「…浅香さんは餌食になってたんだね…」

僕が目を細めて笑うと。

「だって、子作りする時男は気持ちいい思いはするけど、痛い思いはしないでしょ?八つ当たりぐらい受け止めてくれなきゃね。」

聖子らしい笑顔で言った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「うわー…」僕は、つい口に出して言ってしまった。だっ...

  2. 君が明日結婚する新しい人生の門出おめでとう君が選んだ...

  1. あまくてあまくていつまでも僕の中に残るみえないベール...

  2. 君が。

    2014/02/04

    君が君が君が僕をそうやって気にするあいだは僕は誰より...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/24 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3