ブログランキング49

paradox

好きな人はサイコパス ☆フィクションです☆完結しました! 番外編をゆるく書いてます。

  • 記事数 769
  • 読者 793
  • 昨日のアクセス数 5274

番外編・見守り隊

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/09/18 00:25:48

  • 85
  • 0

車のエンジン音が聞こえて、事務所の窓から顔を出すと
黒い車の横に銀次君が立っていて、後部座席の誰かと話してるのが見えた。


『あ、銀次君。帰って来た。』



『マジか!川戸は!?』

『多分…一緒に居るっぽいよ。』


舜が横に来たから車の方を指さした。




『…………なんか、あの車…ヤクザくさくね?』

『銀次君の友達じゃない?』

『もしかして、さっき菅原が電話してた相手?』




舜が振り返って善の方を見たけど、善は聞こえてないみたいにシカトだった。



『シカトかよ!』

『舜、うるさーい!…………あれ?』




てっきりナナちゃんも一緒に降りてくると思ったのに
車はそのまま動きだし、道路にはそれを見送る銀次君が残った。




なんで?

私の『吊り橋効果で両想い作戦』←今考えた
だとラブラブになってるはずなのに。




『世の中
なつめが思ってるほど都合良くいきませんよ。』



いつの間にか善が隣に来て
銀次君を見下ろしながら言った。





『なつめが川戸七海を身代わりにしたのは
道神会を動かす為ですか?』


『へ?』


道神会?ってなに?
首を傾げた。




『……………もしかして偶然ですか?』


ピンと来てない私の顔を見て
善は呆れた様にため息を吐いた。





『なに?教えてよ!』

『おい、俺、何にもわかんねーよ!』




きゃんきゃん善に詰め寄る私と舜を
善は心底めんどくさそうに一瞥した。





『やっぱり物事を複雑化する天才ですね。なつめは。
そういうところ、小春に………』





言いかけて、私の顔を見て善が言葉を濁した。






『お姉ちゃんと比べないで!馬鹿善!』





怒鳴り声は結構響いた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3