ホラーゲーム【二次元小説】

様々なホラーゲームの世界へ

  • 記事数 7
  • 読者 1
  • 昨日のアクセス数 14

Five Nights at Freddy3 その2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > ホラー

2017/09/17 07:09:54

  • 0
  • 0

着ぐるみくらいの大きさだが、中に人は入っていない。
全て機械が動かしているという優れものだった。

自動で動くその姿は子供達を魅了し、多くの客を引き寄せた。しかしある日、その中の一体が子供に噛み付いて重傷を負わせてしまう事件が発生した。

「脳を喰い千切られても暫く生きてたらしいね、人形に襲われた子供。まぁ、その後は病院で息をひきとったわけだけど」

「そんな事件の詳細はいい。聞きたくない。で?それが今回のアルバイトの話とどう繋がってくるの?」

「じーつーはー。今回リニューアルオープンする事になったお化け屋敷が、その事件をモデルにしたものなの!」

実際にあった事件をネタに商売をする。話題性を狙ったのだろうが、それにしても達が悪い。

「しかも!実際に使われていた人形達を展示するんだって!まぁ、流石にもう動かないだろうけどね。でも、事件が事件だから中々警備の仕事引き受けてくれる人もいなくってさ」

成る程。それでその時給の高さということか。
まぁ、実の娘に働かせるという事もあって多少いろはつけているんだろうが。

「ねー!だからお願い!美咲が来てくれないと私1人で警備しないといけなくなっちゃうんだよー!流石に1人はちょっと薄気味悪いじゃん?」

別に真っ昼間の警備だから、園内に客だっているだろうし。1人でも平気なのではないか?

そう疑問に感じつつも私は口に出すことをやめた。
ちょうどバイトをしたいと思っていたところだったし。それほど大変そうでもなさそうだし。
なにより……時給がいい。

「よっし。決まりだね!時間とか日にちは決まり次第連絡するね」

晴れ晴れとしたカナンの顔を見て、私も了解と返事を交わすのだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★他にいつも心がけていることは?M:「お店によると思います...

  2. この世界に入ってあと2ヶ月で1年になる。最初は単なるお小遣...

  1. 腹腔鏡オペまで、あと9日オペ前に、和寿さんと呑みたくて...

  2. 六月。 繁盛期を終えて落ちついた頃 奈穂は四月に...

    Short cut

    • 292
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3