母親?人妻?…それでも女。貪欲に生きる私。

ギャンブルも、不倫も、借金もしてます。これが今の私の現状です。

  • 記事数 759
  • 読者 1015
  • 昨日のアクセス数 1445

654、楽園

しおりをはさむ

2017/09/18 11:20:43

  • 58
  • 0

駐車場に着いて私は用意していた袋を鞄に入れる。
それは、もうすぐ誕生日だったので、タオルと
私の好きな香水だった。


「ごめんなさい、少し遠くの駐車場に
停めてしまって…」


「ん?なんで?歩くのは嫌じゃないよ。」
笑ってFさんは答えてくれた。



「この街を歩きたかったんです。」
私はそう答えて、Fさんと少し歩きながら
体育館に向かった。



体育館には、あっという間に着いてしまった(笑)




入り口が思ってたより狭い!!
誰か出入りしたら、すぐバレる!!
私は、Fさんにトイレ行ってきますと伝え
足早に中に入り、トイレの中に入った。
そこは、更衣室と兼用になっていた。

窓の近くまで歩いていき、外を眺めながら
1つため息をついた。



どんな顔して、行けばいいのかな…





ガチャ!!
扉が開くと、私はビクッとなりながら
振り向く。
Fさんが、中に入って来た。



「ねぇ、Sくんって背が高くて審判服着てる?
私、外にいたら、それっぽい人が玄関の近く
歩いてきて外見たりしてるから、多分そうだよね。
カッコいいね!!やばい!!」

話しながらテンションが上がっているFさんを
見ると余計に緊張してきた、私がいる。




「やだな、、、外出たくない。」



「何言ってるの!ここまできて!!行くよ!」




手を引かれて、扉から出る。
目の前には、体育館の入り口が見える。
なんとも、重い足取りで入り口に向かう。
入り口から、顔を覗かせると
審判二人と、選手何人かが話している。
私は、一瞬で見つけた。


話をしてる横顔、、、
腕を腰に当てながら立っている姿。



もう思考回路は停止していた。




「こら!!
私、まったくわからないんだから、どこに行けば
いいの?」
そう言われて、我に返り
私は反対側を指差して、
「あっちの隅に座りましょう。」



そういって、入り口から入り
バレないように(笑)ソロリと、体育館の端を歩いて
いると、ふいに後ろから声が聞こえた。

「やっと来た!!
これから審判だから話できないけど
無事着いたんですね。」



振り向けなかった。
振り向いたら、気絶しそうだったから、、、
でも、失礼になるので振り向く。




審判服のSくん。





目が、、、
テンになっていた。





私はFさんに腕を引っ張られて
軽く会釈しか出来ずに、また歩き出した。
手と足が一緒に出てるんじゃないか!って位
私は、年甲斐もなく
本当に緊張していた。





あーーーーー、吐き気する。






そんなことを考えながら
体育館の隅に座った。






もう、私には
これだけで、楽園だった(笑)





そして、試合のホイッスルが鳴り響いた。





やっと、やっと
会いに来れた。
同じ空間にいることが、不思議で
しょうがなかった。
涙が出そうなのを、必死でこらえていた。




横を見るとスマホでムービーを撮っているFさん。



「うわっ!!なにしてるんですか!!」(笑)
私は笑いながら聞くと





「ののちゃんは、撮れないでしょ?
帰りのお楽しみ!!」



私は、そんなFさんが大好きで大好きで
叫びたいのを必死でこらえていた。
泣きたいし、叫びたいし!!
私、今ぐちゃぐちゃだ。




でも、すごい
ありがたい時間。




私は、Fさんに
ありがとうと言って、試合を見ることにした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「晴子!!」お昼休み。教室でボンヤリしていると、四時...

  2. Story15

    01/30

    諦めない駄目じゃない…淡々と足を前へ前へと進めていく...

  1. 青木さん

    2014/05/14

    青木さんはマイペースだった。私に歩幅を合わせることも...

  2. 駐車場に止めて周りを見渡すと....。海の家が浜...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/23 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3