100%妄想恋愛小説

恋愛小説です◡̈⃝︎⋆︎*第1弾完結!第2弾はえっちぃお話\(//∇//)\

  • 記事数 218
  • 読者 282
  • 昨日のアクセス数 210

甘ったれてんじゃねぇ。

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/16 16:00:31

  • 48
  • 0

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖




「…もう、ほっといてくれよ。」



ポツリと呟いた橘くんに
陸くんがピクッと眉を上げる。



「そうはいかないよ。」


「何でだよ?お前には関係ないだろ?」


「あるよ大アリだよ。」


「何処が?」


「蓮が自分の気持ちに蓋をしているのはきっと、僕のせいだから…」


「何言って…」


「だって蓮が言ったんだよ?''もう2度と誰の事も好きにならない''って…覚えてる?」



陸くんの言葉に
橘くんはハッとした表情を浮かべ
すぐに視線を下の方へと落とした。



「…それは…中学ん時の話だろ?」


「そうだよ。蓮があんな事を言ったのは僕や芽衣、母さんに裏切られたって思ったからでしょ?」


「……あん時はまだガキだったから…」


「いや、今でも蓮はそう思ったままじゃん。確かに僕は蓮の事を裏切ったけど…芽衣や母さんは違うよ。」


「どう違うんだよ?一緒だろ?芽衣は色んな勘違いやすれ違いがあったにせよ結局はお前を選んだんだ。母さんだって裏にどんな事情があったとしても結果、何も言わずに出て行った。俺が捨てられた事に変わりはねぇんだよ。結果が全てだ。人の気持ちなんて信じられない。そんなものに俺はもう、振り回されたくなんかない。」


「…蓮 …」



言葉に詰まって
何も言えなくなってしまった陸くん。



「甘ったれてんじゃねぇよ蓮っ!!」



黙って2人の話を聞いていた大ちゃんが
急に声を荒げたので橘くんも陸くんも
ビックリして大ちゃんの方へ振り返った。



「お前はいつか裏切られるのが怖いから自分の気持ちに嘘つくのか?」


「…俺の気持ちなんて知らねぇだろ?」


「知らねぇよ!だって蓮は何も教えてくれないだろ?でも俺から見ればお前は南の事、気にしてるようにしか見えねぇよ。本音はどうなんだよ?蓮はどうしたいんだよ?このままだと本当に南は蓮から離れて行っちまうぞ?南と他人になっちまってもいいのかよ?」


「…広大、お前に俺の何が分かるって言うんだよ。」


「…分からねぇよ。」


「だったら…」


「分からねぇから教えろよ!俺には話せよ!お前の本音を全部さぁ!俺はお前の友達だろ?何の為の友達なんだよ!お前の力にならせろよ…1人で抱え込んでんじゃねぇよ…」


「…広大…」



目を真っ赤にして
今にも泣き出しそうになってる大ちゃんに
橘くんは何も言い返せなくなってしまった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 積水ハウスセキスイハイムどう違うのか分からない。だっ...

  2. ーーーー「…そんなんじゃねぇよ。」低く呟く橘くん。...

  1. 「何でそうなんの?どういう発想だよそれw」橘くんは苦...

  2. 警察5

    2014/08/28

    「あの、遠山ってどれくらいで逮捕されるでしょうか」「そ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/25 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3