好きな様に感じるままに!

俺 自由 俺を感じて…

  • 記事数 1036
  • 読者 92
  • 昨日のアクセス数 437

♧abc*アスタリスク曖昧の回避 D

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2017/09/17 16:58:13

  • 4










僕が中2の時…父さんが再婚した



母さんは僕が小6の時



「 ご、ごめんね…優くん

お お母さん…もう耐えられない…」とだけ

僕に言って

この家に僕を残し出て行った…






僕の両親は離婚した

離婚理由は父さんの浮気だった












父さんの再婚相手

継母は…若くて綺麗な人だったから

びっくりした事を僕は

今でもハッキリと覚えている







……

……







… 雷と雨 …


学校からの帰りに降られた


「 ただいま…継母さん…」


シーン…物音ひとつしない




⁈…いない…買い物か⁈



俺は濡れた服を脱ぎながら

バスルームへ







ちょうどシャンプーをしている時に


ガクンっと

バスルームのドアが開く音がした




「 優くん帰ってたのね…」


甘ったるい声…俺の泡だらけの体を

背後から抱き締める

全裸の継母さん

片手は俺の泡まみれのモノを撫で回せば

当然…硬く太くなる…




「 あぁッ…ダメだよ…

いっ、痛たたぁぁ

継母さん…め、目にシャンプーが…」




立ったままの俺の背中に

硬く尖った乳首で円を描いたり

上下に動いたり…擦りつけては

感じるのか?たまに



ウゥ〜〜ン…

エロい声を俺に聞かせる…



「 やだやだ…優くん

エッチの時は名前で呼んで…」



俺はレバーを上げ…シャワーを…

熱めのお湯を頭上から浴び

シャンプーを流しながら



「 しょうがないなぁ…」と言いながら

継母の腕を引っ張って

俺の前に膝まづかせ


シャワーが継母の髪から顔までずぶ濡れに



「 梓さん…何時もの様に

しゃぶって欲しいなぁ…」



上目遣いがいやらしい…

舌が俺を焦らす様にチョロチョロと

刺激する…



「うぅーんうぅぅ…



俺が十分感じている事に満足したのか


「 あ〜〜んっ 」と言いながら


熱い継母の口の中に吸い込まれた



「あ、 梓さん…気持ち…気持ちいいよぉ

ふぅふぅ…あっ…



お、俺のを咥えて舐め回す

顔がエロすぎ…うぅッ」

















ちゃぷん…ちゃぷん

ちゃぷん…ちゃぷん



湯槽の湯が激しく暴れ波立つ






「 ああっ…あぁぁ


ゆ、優くん…優くん…


ダメ…そんなぁぁぁ…ぁぁああーーっ




継母のイク声で…俺もフィニッシュ

継母の中へタップリと…




ヒクッヒクッと痙攣している淫口から

引き抜いた時白い粘液が糸を引いた…

























俺は今年…東京の大学へ

そのせいか継母がやたらと俺を求めて来る



ふっふふっ……


思い出して思わず笑ってしまった





俺が16の時…

無理矢理…継母を犯した…


(継母が何時も俺を誘っている)


親父が出張で夜居ない時


(我慢出来ずに…俺はとうとう…)


激しく抵抗された…

引っ掻かれたし…殴られた

それでも俺は止められなかった

男の力に勝てる訳がない


そのうち諦めて(抵抗は形だけ)



自分から腰を浮かせてグリグリ

俺の陰部に擦り付けて全身を駆け巡る

絶頂の波に体を震わせ…

叫んでた











義息子とのSEXに善がり狂う

色情狂い …







あの頃…ガキだった俺は継母とのSEXに

溺れ…快楽の虜になった




それでも





母さんから父さんを奪ったお前を

俺は許さない…



俺から優しかった母さんを奪ったお前を

俺は許さない…






















2017

東京…9月…台風18号





ベッドから起き上がる全裸の彼女が

俺のシャツを羽織り

俺にキス…舌を絡めながら



「 優… お腹空いたからさ

何か作るね…」


唇が離れた時

混じり合った唾液が糸を引く





彼女は冷蔵庫を開ける

俺に形の良いお尻を見せながら…




俺の手には一枚の写真が

写っているのは


笑顔の親父と継母…それと

継母の腕に抱かれてる赤ん坊…



写真の裏に


赤ん坊の名前

それと継母からのメッセージ


《優くんと良く似ていると

お父さんが言ってます…名前は優希…》









俺の弟?妹?



其れとも 。。。













同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. ……眠りに落ちた蘭子様の背中に俺はキ...

  2. ああ…、私はもっと狂っても良いんだ…、もっと優哉を欲しがって...

  1. 『聖ちゃ…ん?』お母さんはそんなわが子を見た事が無かったの...

  2. 「えっ?まじで?」びっくりしてる優くん。「だめ?いいじ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3