ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2375
  • 読者 653
  • 昨日のアクセス数 32087

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/17 20:38:10

  • 75
  • 0

「珍しいですね。」

社長室のソファーで、貴司は優しく笑った。

その貴司の肩越しに、飾られた家族写真が見えて…私も笑った。

「最近は家で密談などできませんからね。」

「ははっ。確かに。お茶でいいですか?」

「ええ。」

貴司がお茶を入れてくれて、それを一口飲んでから…私は切り出した。

「さくらは…今までどこにいたのですか。」

「…ですよね。気になりますよね。」

貴司は目を伏せて少し考えた後…

「うちを出た後…アメリカに渡ったのは間違いないようなのですが、向こうで事故に遭って…どういう経緯で渡米したのか等は覚えていないようなんです。」

ゆっくりと、そう言った。

「…その後は?」

「…ずっと、寝たきりだったそうです。」

「寝たきり?さくらが?」

「ええ。」

「病院か何か…」

「…ある人が、ずっと一緒に居て下さいました。」

「……ある人…」

それは…さくらが想い続けていた人なのだろうか。

私はそう考えながらも、貴司の前では口に出来なかった。

すると…

「…本当なら…さくらと一緒になるはずだった人です。」

貴司が、組んだ指にギュッと力を入れたのが見えた。

「…さくらは…どうしてうちに…?」

「知花が…いるからでしょう。」

「……」

「私は…さくらを…知花をダシに連れて帰ったようなものです。」

「貴司…」

時々…さくらが広縁から庭を眺めている気がして、その姿を見ていると。

さくらは…庭ではなく、遠い…どこか遠い所を見ていた。

そして空を見上げて…小さく何かをつぶやく。

それは聞き取れないぐらいの小さな声で…

私には…それがさくらの寂しさだなんて…気付かなかった。


「さくらは…きっとまだ…その人の事を想っています。」

「…それでも、夫婦として一緒に居る事を選んだ。さくらはいいとして…貴司。あなたは大丈夫なの?」

「…え?」

「他の人の事を想っているさくらと…」

「……」

私の問いかけに、貴司はしばらく黙った。

だけどそれは困った顔と言うより…なぜか少し微笑んでいるように見えた。

「…お母さん。」

「何ですか。」

「私は…少しおかしいのですかね…」

「え?」

「一人の人を一途に想い続けているさくらに…憧れるのですよ。」

「……」

私は…この子は何を?と思った。

「さくらがうちに帰って…相手の方の事を色々調べました。調べていくうちに…私が彼に魅了されました。」

「…どんな方なんですか。そもそも…さくらがその人の所にいると…どうして分かったんですか。」

「知花ですよ。」

「……」

そう言えば…知花の誕生日に…

知花が、母親に会ってもいいかと言った。

分かるかもしれない、と。

「…どうして知花が…?」

「…知花の会社の…会長さんなんです。」

「…え?」

貴司は立ち上がると机の中から大きな封筒を取り出して。

その中から…まずは写真を私に見せた。

「…この方…」

「知花の赤毛は、その人譲りです。」

写真のその人は…何とも不思議な髪の毛の色で…

「…どこの国の方なの?」

「父親が日本人で、母親がイギリス人。ハーフですよ。」

「……」

母親が、イギリス人…

「高原夏希さんという方です。」

ドクン。と…心臓が激しく打った。

私は写真から顔を上げずに…

「…高原…夏希さん。」

名前を繰り返した。

…ハルさんの…息子さんだろうか。

条件は…合っている。

「…この人が…知花の会社の会長さんで…」

「知花の、実の父親ですよ。」

「……」

なんて…皮肉な運命のめぐりあわせだろう…

私はどうしても…高原家とは切れない運命にあるらしい…

「…どんな方なのかしらね…私もお会いしてみたいわ。」

「お母さんも?」

「ええ。さくらが…お世話になった方なら…お礼もしたいし…」

「そうですね…」

「これからも…仲良くしていただけると…嬉しいわ。」

「……」

私は…何を想ってそう言ったのか…自分でも分からない。

だけど…

きっとこの人なら…と。

この人なら…

私の…無駄な気持ちを…いつか汲み取ってくれる存在になるのではないだろうか…と。

そう…心の片隅で思ってしまった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3