ブログランキング12

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3316
  • 読者 728
  • 昨日のアクセス数 18378

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/17 18:38:52

  • 84
  • 0

知花達はまだあと一年アメリカで活動する。

心惜しいが、私達は後ろ髪を引かれながら帰国した。


双子を抱く貴司の姿は…麗と誓の時のそれとは随分違っていた。

とても笑顔で…私はそれに胸が多少なりとも痛んだけれど…

「もうっ、お父さん、そろそろ交代してよ!!」

「あっ、麗、もう三回目だろ?僕にも抱かせてよ。」

麗と誓が…貴司に負けないぐらい、華音と咲華に釘付けだった事に…救われた。


私達が帰国して一ヶ月。

知花から手紙が届いた。

初めての…知花からの手紙だった。

寮生の時も、年に数回の電話だけで済ませて…手紙なんてお互い書かなかったのに。

知花からの初めての手紙…

そのエアメイルを手にした時、私は庭先でそれを胸に抱いた。


その中には、家族みんなに宛てた手紙と…双子の写真。

それとは別に、違う封筒に入れられた…私宛の手紙があった。

家族宛ての物には、華音と咲華は毎日眠ってばかりだとか、華音より咲華の方がミルクの量が多いとか、家族で撮った写真を部屋に飾ったとか…

読んで笑顔になれる近況を綴ってくれていた。

写真も…目をパッチリ開けた華音と咲華のアップの物や、楽団の人達に囲まれて写った物…

顔を見合わせているような風の華音と咲華の写真は…心底私を笑顔にしてくれた。

なんて…幸せな写真だろう。

早く誰か帰って来ないだろうか。

誰かに見せたくて仕方ない。


それなのに、そんな日に限って、いつもよりみんなの帰りが遅い。

私は何度も写真を見返しては、用もないのに玄関先まで出向いたりした。

…私宛の手紙は…まだ封を切らないまま。

なぜか私はそれを読むのが…楽しみなようで怖かった。

知花はきっと…感謝の言葉を書いてくれていると思う。

それはとても…知花らしいと思えるし、私にとっても嬉しいはずだ。

だけど…幸せを感じるたびに、私は胸の奥に抱える罪に支配される。

こんなに幸せな今…それに気付きたくないと思い始めた自分がいる。

…許される事などないのに…


それでも…知花が初めてくれた手紙。

私は、広縁で静かにそれを開いた。



おばあちゃまへ

おばあちゃま、お元気ですか?

こちらは子供達もあたしも元気です。

みんなが帰国した翌日からトレーニングが始まって…今はレコーディングの真っ最中です。

子供達は仕事場に連れて行けるし、みんなもすごく助けてくれています。

(こんなに恵まれた環境で、頑張らないわけにはいかないよね)


昨日、仕事場の窓から外を見ていると、桐生院の庭が懐かしくなりました。

あの桜の木は今年も満開だったのかなあとか、池の鯉達は大きくなったのかしらとか…

あたしは広縁からのあの景色がとても好きで、いつか子供達にも見せてやりたいなって思いました。

おばあちゃま達をガッカリさせる事をしたのに…都合のいい事を思ってごめんなさい。

そして…あたしはとても大事にされていたのに、それに気付く事が出来なくて、本当にごめんなさい。

御礼が遅くなったけど、アメリカまで来てくれてありがとう。

おばあちゃまが言ってくれた『しっかりなさい』が、すごく心強かった。

華音と咲華を産んだ事に対しても、色々思う事はあっただろうに…何も言わずにいてくれてありがとう。

勝手な事ばかりして、迷惑ばかりかけて、こんな孫でごめんねって思うのに…

あたしは、おばあちゃまがあたしのおばあちゃまで良かったって、心から思うの。

これからは、少しずつ恩返しも家族孝行も出来るよう頑張ります。

また写真送るね。

身体に気を付けて、いつまでも元気でいてね。


知花


「……」

おばあちゃまが、あたしのおばあちゃまで良かったって、心から思うの。


最初は静かに読み進めていられたのに…

そこで私の涙腺がおかしくなった。

私は…知花を愛して止まないのに…色々な理由で…

……いいえ、結局は私が弱かっただけ…。

自分の弱さで知花を蔑ろにしていたのに…

知花は…私を…

「……」

涙が便箋に落ちて、知花の文字がにじんだ。

それをそっと抱きしめて…

さくら…あなたの娘は…私の知らない所で、ちゃんと…立派に育ってましたよ…

そう、心の中で思った。

知花が好きだと言ったこの場所から庭を眺めて。

そう言えば…千里さんもよくここから庭を眺めていたものだと思いだした。

私は華音と咲華の写真を見て…

こんなに可愛い存在を…千里さんは知る事はないのか…と思った。

…さくらも、そうだ。

さくらも…知花の今を知らないまま…

これも…私に対する罰なのだろうか…


「ただいまー。」

声がして庭に目をやると、誓と麗が私に手を振りながら歩いて来ている姿が見えた。

「…知花から手紙が届いてますよー。子供達の写真もー。」

私は写真をヒラヒラとしながら、二人に大声で言った。

すると…

「えーっ!!」

「見たい!!」

二人は緩やかな坂道の階段を、我先にと駆けて来て。

「わー!!こんなにたくさん!?」

まずは誓が写真を手にして。

「あー、誓早く早く!!」

麗が早く見せろと急かした。

「これ、あなた達。玄関から入って来なさい。」

沓脱石に靴を脱いで広縁に入って来た二人に言うと。

「後で!!」

二人は同時にそう言った。

「……」

やれやれ…


「ねえ、見て見ておばあちゃま。この写真、あたしと誓のアルバムに似たのがあったわよね?」

麗が…私に抱きつくぐらい近付いて写真を見せた。

「…そうだね…知花が覚えてて同じようにしてくれたのかもしれないね。」

「やだもう~!!並べて飾りたい!!」

「麗、そんなにしたら写真が折れるよ!!」

「折れないもーん。」

「もー!!そっち僕にも見せてよ!!」

「父さん早く帰らないかなあ。あっ、会社に電話して写真立て買って帰ってって言おうよ!!ねっ、おばあちゃま!!」

「…そんな事で電話しないの。貴司は帰りが遅いから…今から三人で写真立てを買いに行きましょうかね。」

私が二人にいつもの口調でそう言うと。

「はぁ~い……えっ!?」

二人はとても驚いた顔をしたあと…

「行く行くー!!」

笑顔で私に抱きついた。

「こ…これ、危ない…」


知花、こちらの双子は…元気ですよ。

あなたのおかげで…

家族が…


「じゃ着替えて来る!!」

「麗、靴!!」

「誓頼むねー。」

「も~…!!」

「……」


……家族になりましたよ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    14時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18211 / 読者数 4108

  2. 2

  1. 3

    未来予想図

    6日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 768 / 読者数 3162

  2. 4

    When love ...

    3時間前

    リノ

    記事数 688 / 読者数 1314

関連するブログ記事

  1. 39th 49

    08/26

    「ただいま。」「おかえりなさい。」「おかえりなさーい...

  2. 「行って来ます。」「行ってらっしゃい…あ、海さん、待って...

  1. 40th 59

    09/04

    セレモニーが終わって、会長室に一足早く戻ると。コンコンコ...

  2. 8th 60

    05/29

    「こんにちは。」あたしは、相変わらずさくらさんの所に通っ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/19 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3