ブログランキング12

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3317
  • 読者 728
  • 昨日のアクセス数 18378

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/16 01:49:04

  • 88
  • 0

「今日は…聖に色々話しました。」

私がそう言うと、高原さんは険しい顔をして。

「…色々って、何だ…」

低い声で言った。

「…あなたにも…話しておきたい…」

もう…長くない。

そう感じた私は…高原さんに打ち明ける事にした。


「誓と麗の母親である容子は…知花を嫌っていました。」

「……」

高原さんはゆっくりと椅子を引っ張って来ると、今までより私の顔に近い場所にそれを置いて座った。

…それほど…私の声は小さくなったのかもしれない…


「…私は…そんな容子が好きになれず…少しずつ距離を持ってしまいました…」

容子が知花を嫌っていたのは…私と母が知花を特別扱いしていたからだ。

より桐生院の人間になるためにも…容子には一日も早く子供を持つ必要があった。

毎晩毎晩…容子は私を求めた。

知花よりも、私に似た可愛い子供を産むから…と。

それだけで私をどれだけ萎えさせていた事か。


「だが私に精子はなく…子供が出来るはずはなく…何も知らない容子は焦りました…」

「……」

「そして…あなたのお兄さんと…」

容子は…妊娠したと分かった時、とても嬉しそうだった。

母子手帳を目の前で見せられて…私は酷く冷たい顔をした気がする。

浮気したんだな。と…


「知花をインターナショナルスクールに出して…我が家は容子の天下でした。」

誓と麗に贅沢をさせたい。

知花は年に一度の茶会にしか出席させないのに、誓と麗はあちこちの茶会に連れ出した。

うちに知花という子供はいない。

誓と麗だけが、桐生院の子だと言わんばかりに。

私が至らないばかりに…子供達に窮屈な思いをさせた。


「その内…容子が体調を崩して…最初は理由がよく分からなかったのですが…」

最初は…庭師の長井さんとお手伝いの中岡さんだった。

二人がコソコソと庭のハウスにあったトリカブトを摘んでいるのを見て、声をかけた。

二人は慌ててそれを隠したが…

「…お子様たちが不憫で…」

泣きながら、土下座をして謝った。

だが私は…それを咎める事はせず。

この事は他言しないように…とだけ言った。


私はあの二人をとても信頼していた。

罪人にしたくない。

容子の体調を回復させる事に専念した。

色々な検査も積極的に受けさせて…回復を祈った。

毒は少量のはずだった。

なのになかなか元気にならない容子。

おかしい…

そう思っていると…

麗と誓までが…

容子が愛して止まないあの二人までが…花の毒で容子を殺めようとしていた…。


「…本当なのか…?」

高原さんは眉間にしわを寄せて…目を細めた。

最近…私はこの人にこんな顔しかさせていないな…


「…全て…私のせいですよ…」

「それで…容子さんはその毒のせいで…?」

「…いいえ…」

容子の最期は…

「…呼吸困難を…よく起こしていたんです…」

「……」

「あの日…容子は私に…言いました…」

今も…あの時の容子の声が…耳から離れない。

「桐生院の汚名挽回のために…子供を産んでやったのに…と…」

「…汚名挽回?」

「…愛人の息子が…若い女に現を抜かして…赤毛の子を産ませて逃げられた…と。」

容子は…叫ぶように言った。

『愛人の息子のクセに!!態度大きいのよ!!』

あの時私は…静かに笑ったのを覚えている。

どうして…この女を妻にしたのだろうか…と。

そして…ゆっくりと容子の頭を撫でて…落ち着かせた。

身体が弱っているから、言いたくない事を言ってしまうんだな…と、慰めるようにそう言うと…

容子は泣きながら…私に謝った。

ごめんなさい…ごめんなさい…本心じゃないのよ…

だが…

私にその言葉は届かなかった。

泣きじゃくる容子が呼吸困難を起こした時…

…枕を…顔に押し付けた…。


「貴司…おまえ…それを聖に…?」

「父親が人殺しなんて…最悪な事ですが…告白しておきたかったんです…」

「……」

「泣きながら…帰って行きました…」

「当然だ。どうして墓場まで持って行こうとしなかったんだ…?」

「…裁かれたかったのかもしれませんね…」

「……」

「聖の事…支えてやってください…」

『父親が人殺しなんて』と言った事で…高原さんは、私が聖に真実を話したとは思わなかったかもしれない。

…高原さん。

すいません。

私は…全てを打ち明けました。

私の大事な…息子、聖…

大好きな…高原さんと…さくらの息子…

本当に、私にとって…完璧な息子。

本来なら…高原さんの言うように、どれをも墓場まで持って行くべきだ。

だが…私は…聖に嫌われて…終わりたかった…。

私を軽蔑して欲しかった。

そして…実の…血の繋がりのある高原さんを…父として受け入れて欲しいと思った。

すまない…聖…。


だが、翌朝…早くにみんなにメールをすると…

聖は普通の顔でやって来た。

笑顔で…みんなと会話を交わして…

まるで、何もなかったかのように…

何も聞かなかったかのように…

その様子を見て、私は…軽蔑されたかったはずの私は…

なぜか…酷く安心してしまった…。


とても…

すがすがしい朝だった…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    20時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18211 / 読者数 4108

  2. 2

  1. 3

    未来予想図

    6日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 768 / 読者数 3165

  2. 4

    When love ...

    9時間前

    リノ

    記事数 688 / 読者数 1318

関連するブログ記事

  1. 42nd 75

    09/17

    新生児室の前に行くと、七生さんがあからさまに口元を緩めて子供...

  2. 42nd 47

    09/16

    「…養子?」私は耳を疑った。父が…ある日突然、祥司さ...

  1. 昨日、麻央さんの訃報を記者会見で話したばかりの海老蔵さん。...

  2. 私は無我夢中で逃げたが藤くんにすぐに捕まってしまった。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/19 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3