ブログランキング90

俺のものにしたい version B

恋ってステキ♡フィクションラブストーリー

  • 記事数 1207
  • 読者 6865
  • 昨日のアクセス数 2174

滞在3日目

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/15 01:01:37

  • 161

ショウヘイが起きてから十数分後。


ガバッ!


「ショウヘイくん!?いる!?」


ユカも目が覚め飛び起きた。


「!?!?

どした?いるよ?」


突然勢いよく飛び起きた彼女に、思わず
ポカンと拍子抜けしてしまった。


「良かった〜…!

ショウヘイくんが来てくれたのが
夢だったっていう夢を見た…。

ビックリした〜…。」


「大丈夫。まだいるよ。」


「…でも…今日帰っちゃうんだよね?」


「いや。明日の夜くらいまではいようかな
ユカが良ければ。」


「ホント!?嬉しい〜!
いていて!」


「ん。わかった。じゃ明日の夜まで
いるね。」


ユカをギューっと抱き寄せ、彼女の
頭にスリスリと顔を摩った。


「今日はユカ遅番だっけ?」


「そうなのぉ…。今日はお仕事なんだ。
ごめんね…。

ずっとショウヘイくんとこうして
いたかったのにな…。」


「もうちょっとこうしてようよ。」


仕事の時間まであと4時間ある。


ベッドでキスをしたりハグをしたりして
イチャついた後は、ホテルの朝食を食べに
1階のレストランへと降りて行った


朝食を食べ終えて、ふたたび部屋に戻る。


仕事まであと3時間半。


とりあえずチェックアウトして、そのあと
どうするかを決めた。


少し話し合った結果…


ユカの職場のショッピングモールと
同じ敷地内にある映画館へ映画を観に
行くことにした。


9時50分〜11時50分までの上映時間
なので、12時30分の就業時間まで
余裕で間に合いそうだ。


二人が選んだ映画は、夫婦愛がテーマの
感動作だった。


映画の終盤、ユカは瞳に涙を滲ませて
呟いた。


「このおじいちゃんおばあちゃん
みたいに、私達もずっと心繋がって
いたいね。」


「大丈夫。俺たちの心は、何があっても
ずっと繋がってるよ。」


穏やかに微笑んで、ユカの手を優しく
ギュッ…と、握った。


彼女も安心したかのように、彼の手を
ギュッと握り返した。






映画館を出てから、ユカを従業員用
出入り口まで送り届けた。


「じゃ…お仕事頑張ってくるね。」


「うん。頑張れ!行ってらっしゃい。」


「行ってきます。また夜ね。
ショウヘイくん♡」


「うん。また夜ね。」


手を振り合って、一旦、解散した。


「さて、と。」


ショウヘイは、用事を思い出し
とある目的地に向かった。





ーーー




ユカが職場のアパレルショップに到着すると
待ってましたとばかりに後輩が話しかけて
きた。


「ユカさぁん!昨日超イケメンの男性と
この近くの和食レストランでゴハン
食べてるの見ちゃいましたよ〜!」


「おはよー。ウソ〜!
りっちゃんも来てたの?
声かけてくれれば良かったのに〜。」


「声かけれませんよ〜。

あんなにラブラブな雰囲気
壊せないですも〜ん!」


「全然声かけてくれていいのにー。」




その後も同じショッピングモール内で
仲良くなった友達数人から声をかけられ
昨日と一昨日ショウヘイとのデートで
訪れた場所で度々目撃されていたことが
判明した。


「ラブラブで羨ましい♡
で、その彼いつまでこっちに
いられるの?」


そう問いかけたのは、ユカに
シェアハウスを紹介してくれた同僚だ。


「明日の夜には帰っちゃうんだぁ…。

はぁ…寂しくなるな。」


「だよね。わかる。わたしも遠距離経験
したことあるからさ。」


「そなの?!
それで…どうやって乗り越えたの?遠距離」


「乗り越えらんなかった。

だんだんと連絡もたまにしか
取らなくなって、いつの間にか自然消滅」


「それは辛かったね…。」


「でも、それがあって、今新しい恋が
出来て楽しいケドね☆」


「そなんだー!それは良かった〜」






ーーー



地下倉庫にて。


「そか…。ユカちゃんの彼氏、
明日の夜に帰るのか…。

…ありがとう。聞き出してくれて。
約束通り、蘭子ちゃんに甘い甘ーい
キスしてあげる。」


「んっ…!」


男は、女にディープキスをした。


「蘭子ちゃん…もっと続きして欲しいん
じゃない?」


「うん…。もっとケントさんを感じたい…」


「じゃあ、もう一つだけお願い聞いて
くれたらもっと先までしてあげる。」


ケントは卑しい笑みを浮かべて、
ユカの同僚、蘭子の耳元に囁いた。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/22 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3