ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2398
  • 読者 652
  • 昨日のアクセス数 38518

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/15 15:13:05

  • 70
  • 0

…周子さんが…亡くなった。

千里さんからその知らせを聞いた時は、一瞬…何の事か分からなかった。

周子さん…

周子さんって…

あの、周子さん?

知ってるクセに…あたしはわざと、知らないと言うか分からないと言うか…

とにかく、その名前を…心が拒否したのだと思う。

…亡くなったと言うのに。


あたしは、長い間色んな事を忘れていて。

それは今もまだ…続いてる。

だけど。

周子さんの事は…随分思い出したのだと思う。

自分の記憶なのに、だと思う…って言うのはおかしいのかもしれないけど。

あやふやなのは、なっちゃんに聞かされていた話しも混ざってしまってるから。

なっちゃんは…周子さんの事をそんなにたくさんは話さなかったけど…

あたしが寝たきりになっている間、何度か…正直に口にした事もあった。

瞳ちゃんの結婚式に、周子さんと一緒に出席する事とか。

…仕方ない。

あの二人は紛れもなく、瞳ちゃんの両親だし。

なのに…あたしは妬いた。

あたしは寝たきりなのに、なっちゃんは周子さんと着飾って…『夫婦』として教会へ行くの?って。

そして、帰って来たなっちゃんは…海の匂いをさせてた。

ドライヴしたの?

あたしは寝たきりなのに?って…

とめどない嫉妬を繰り返した。


知花が…あたしとなっちゃんの娘の知花が生きてる事を知って。

あたしの身体が動くようになって。

あたしは、桐生院に来た。

…なっちゃんを捨てた。

それは、あたしの意思。

なっちゃんはずっと、あたしと周子さんに挟まれて…苦しんでたもん。

あたしは、知花を…貴司さんを…桐生院を選んだ。


なのに…

なっちゃんと友達になった貴司さんが、ことある毎になっちゃんを連れて来る。

…苦しい。

苦し過ぎる。

だけど、それも罰なのかもしれないと思って受け入れる事にした。

罰…

なっちゃんを想いながら、桐生院に来た罰…


なっちゃんが周子さんと入籍したと聞いた時、正直…お風呂で泣いた。

泣く資格なんてないのに。

悲しくて…仕方なかった。

先に降りたのは、あたしなのに。

誰でもない…あたしなのに。


それでも、あたしはどこかで…

あたし達は、想い合ってるんだ。って…かすかな希望みたいな物を持ってしまっていたのかもしれない。

…バカだよね…

もう、あたしには貴司さん、なっちゃんには周子さんがいるのに。


なっちゃんとは目も合わせない。

口もきかない。

そうやって…もうずっと何年も顔を合わせて来た。

なのに、そう思えてたのは…

なっちゃんが、指輪をしていなかったから…かもしれない。

だけど…10年前のある日。

なっちゃんは…指輪をして来た。

アレを見付けた瞬間…あたしは少し長く目を閉じてしまった。

息が止まりそうだった。

そして…

なっちゃんは、周子さんのものなんだ…って、改めて認識した。

あたしとなんて想い合ってない。

通じ合ってなんかいない…って。

…思い知らされた。


周子さんの葬儀の日。

貴司さんは仕事でイギリスに渡ったばかり。

顔を見に行くかと気にはしてくれていたけど…あたしは首を横に振った。


一度…寝たきりのあたしに会いに来てくれた周子さん。

頭を撫でながら…歌ってくれた。

あの歌…

すごく…懐かしかった。

知花のバンドがライヴでやったのを聴いて…

ああ、あの歌だ…って、涙が出た。

あたしの中で…脅威でしかなかった周子さん。

もっと…違う形で会いたかった。


あたしは一人…

火葬場のそばから、空を見上げた。

あたしにはもう…

なっちゃんを密かに想う資格さえない。


今度こそ…


さよなら…


周子さん。


さよなら…


あたしの…恋。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/22 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3