ブログランキング38

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2447
  • 読者 584
  • 昨日のアクセス数 6610

頼み《352》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/09/15 23:17:20

  • 55
  • 2

☆ボクはそれでも恋をする☆       





「アイツとはうまくいっている。何も問題ない。
以上だ」

「そう」


カオルの向かい側にゆったりと座り、斜めに
カオルを見た。


「じゃあ、本題にはいりましょ」


アスカは両手を左右にひろげ、なんでもこい
の、ポーズをとる。


「九州に出す支店の事なんだが」

「あら、あなた行きたいの?」

「いや。うちのセンジを行かせたいんだ」

「はぁ?」


アスカは予想もしなかったカオルの申し出
に目を丸くした。


「頼めないか?」

「あなたが薦めるんだから、構わないけど
でも、センジ君って京都に行くとき、どう
しても、自分の右腕にしたいからって、
連れて行った子でしょ。なのに、手放すの?」

「ああ、事情が変わってね」

「事情ってなによ」


アスカは社長の顔になって、カオルを見る。


「実は…」


カオルはケンスケが現れた事を包み隠さず
すべて話し、今センジとそういう仲の事も
説明した。


「そういう事ね……じゃあダメ、行かせられない」

「は?さっきはいいって言ったじゃないか」

「だって、センジ君もケンスケ君も、カオル
にとって大事な人でしょ。手元に置いておき
なさい」


アスカが珍しく、厳しく言う。


「大事だからこそ、2人には新天地がいる
んだ」

「バカ。カオルはどうなるの?どうする
つもりなの?またホールチーフを1から
育てるつもり?センジ君だって、あそこ
までできる様になるのに、どれだけかか
ったと思ってるの?バカげてる…」

「京都支店なら大丈夫だ。俺が……」

「だから!それがバカっていってるの!
判らない?」


アスカはカオルの頬を張り倒したい衝動を
必死にこらえる。


「判らないな…」

「カオル。あなた一人ならそれでいいかも
しれない。でも、タクミちゃんはどうするの?
もう卒業でしょ。その後のこと考えてる?」

「もちろん、考えてる」

「店やりながら、支えていくなんて甘い事
言わないでよ」

「……」


ズバリ言い当てられてしまった。






〇((((;゜Д゜)))

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:6600987・09/16

    アメジストさん

    この人、ボク恋の中で
    最強ですよね(笑)

  2. アメジストさん(37歳)ID:6600812・09/16

    アスカさん最高‼︎
    何でもお見通しですよね( *ˊᵕˋ)✩︎‧₊

関連するブログ記事

  1. 蚊帳の外にて三つ指つき「お慰み下さい」と肌襦袢一...

  2. ぐっと首を深く下げそれでもあふれる情熱は逆立ち燃ゆる...

  1. 私は無我夢中で逃げたが藤くんにすぐに捕まってしまった。...

  2. すべて忘れてしまえばいいのにぜんぶなかったことになれ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/24 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3