小説置き場

普通の恋愛物。原案上は完結。ブログではまだまだ、2/5くらい…閲覧ありがとう

  • 記事数 315
  • 読者 51
  • 昨日のアクセス数 229

302夢で見た話から作成

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/13 13:50:36

  • 5
  • 0

亮が私の髪を、タオルで拭いてくれている。
(何か、こうされてる時間、好きかも…)

「そう言えば…」
そのままの体勢で、上目使い?みたいなまま、後ろの亮を見上げて、
「亮の所で髪洗った時って、寝癖あんまり酷くない気がする。何のシャンプー使ってるの?」
見た事無いボトルだったし。
「サロンで売ってるヤツだけど…」
サロン?聞くからに凄そう…
「やっぱりシャンプーで変わるんだね」
妙に納得。

「これでよし。じゃあ俺、ベッド直してくるから」
亮は寝室へ行った。

髪拭いて貰ってる間に、のぼせ気味だったのが落ち着いてきて、ちょっと空腹感を思い出してしまった私は…さっき言ったばかりなので、言うに言えない。
でも、一度空腹に気付いてしまうと気になって、益々お腹がキュウキュウ鳴ってくる。

そーっと寝室を覗くと、亮はベッドメイキング中だし…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 余韻がだんだん覚めてきて、気付くと、亮が髪を撫でてくれていた...

  2. 乱れていた息が落ち着いてくるまで、亮が腕枕して髪撫でてくれて...

  1. ちょっと走って地下鉄に乗り、亮のマンションへ。部屋に入る...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3