祈り

過ぎた日々

  • 記事数 455
  • 読者 134
  • 昨日のアクセス数 283

テーマ:恋愛 > 不倫

2017/09/13 13:37:43

  • 10
  • 0

彼はいうの。

花を植えても
植樹しても花を咲かせ頃には俺は生きてないかもと。


彼はいうの

32歳の春に目の前に現れた桜を見た瞬間のことが忘れられない。
いつも目を見ながら俺の話しをきく
その凛とした姿に魅せられた。


今は何を見ても感動もなく
色々な思いでと生きてる


むなしいよ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 満開。

    2016/03/08

    満開だねそういわれて桜しか思い出せなかった振り返る...

  2. 開花

    2016/09/25

    咲いたよ今年も。彼から毎年とどく季節のお知らせ白...

    祈り

    • 9
    • 0
  1. まだ死ねないんだ、桜と別れたら生きてく意味がないんだけど、...

    祈り

    • 13
    • 2
  2. 先人のいう桜の花が一瞬のものでしかないように人生は「さよ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3