ブログランキング10

官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 229
  • 読者 372
  • 昨日のアクセス数 30097

#5 虚しさの埋め方4

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/18 00:40:56

  • 9

ゆっくりと愛撫し続ける男。



ショーツの部分が少しアップになる。



未央「え!なに!え?」


よく見ると、ショーツの真ん中が切れていて、布がない。



未央「え!え!」


モザイク加工してあり、よく見えないが、大事なところを隠すための布が割れており、そのまま手を入れることができてしまうものだった。


男は、手を入れずに、その割れ目をなぞる。


女性「あぁぁ‥はぁぁ‥」


息の抜けるような声を出す女性。


透明のヌルヌルの液と、女性から溢れ出す体液が混じって指がスルスルと流れる。



今にもクリトリスに当たりそうで、当たらない、絶妙なアソコの表面を撫で続ける男。


女性「あ‥はぁ‥ん‥ん‥」


男「触ってほしい?」


囁くように女性の欲を求める男。



未央はそれを見て興奮してきた。



自分のショーツの中に手を入れて見る。


クチュ‥チャ‥


未央(うわっ、す、すごく、濡れてる)


とりあえず、手を戻し、ショーツの上からなぞってみる。


すぐにショーツは未央のトロッとした液体で濡れた。液が布を通り越して指にヌルっとつく。


未央「あぁ‥」

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3