ブログランキング34

ほんわか日記

何気ない日常

  • 記事数 553
  • 読者 288
  • 昨日のアクセス数 8797

2017/09/13 08:59:48

  • 63

おはようございます。
いいお天気です。

時々風に乗って大きな歓声やら、鼓笛の音が聞こえてきます。
運動会の練習ではないかと思います。

たくさんの書き込みに、お返事ができず申し訳ありません。
でもひとつひとつが胸に響き、ありがたく読ませていただきました。
うまく伝えられない事にも先を察して、的確な助言をいただいたり、寂しくて潰れそうになる心に気合を入れてもらいました。
私のした事は決して褒められた事ではありません。
心配ばかりをかけたのですからね。もっと他に的確な方法もあったのかもしれません。
先生に対しての負い目みたいなものもあって、言葉は悪いのだけれど賭けに走ったような気がします。

逢えなかったらそれまで。その先の先生の選択が何であれ、私はいないという事、逢えたのなら、先生の思いを受け入れる、その思いを通してあげる、どんな条件でも飲み込もうって思ってました。

私にとらわれず、先生の道を歩いて欲しいと思ったんです。
本音を言えば、離れたくはないし、他所を向いては欲しくない。でももう充分すぎるほどのものを貰ったんだからそれでいいって。
かなりいい子ぶっちゃってました。

実際そうなったらどうなるのかなんて考えてもいなかったけど、桐谷さんが言うように、ただ生きてるだけ、に、なっていたかもしれません。

そのくらい先生が光って見えていたんです。
欲しかったものをやっと手に入れた子供のようにね。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. そんな日が数日間続き、私はモヤモヤの毎日だった。ある午...

  2. 右ひざをついて、運転席の方に身を乗り出した。もちろん、淳...

  1. 28

    11/04

    「帰りましょうか」今度は、私から言った。目があった日...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3