ブログランキング11

ほんわか日記

何気ない日常

  • 記事数 1478
  • 読者 410
  • 昨日のアクセス数 17374

2017/09/12 17:20:29

  • 97

馴染んだ家、でもなんだかぎこちない。

お茶にします?それともなにか食べます?

お風呂に入ったら?

いいですか、じゃそうします。

ケイちゃん!

は、はい。

もう僕には触れたくはない?触れて欲しくはない?

背中で聞く先生の声。

そんな事あるわけない、首が取れるんじゃないかってくらい振った。
それと同時にぼったんぼったんって堪えていたものがこぼれ落ちる。

悪かった。スーッと包まれた。

わかっていたはずなのに、仙谷の話だって世に出るまでにあと何年かかるか、毎日、この世界中で何万という人が地道な研究を続けている。
それで晴れて世に出るのは、砂漠の中のたった一粒にも満たない。
一度現場を離れた僕が、そんな場所でどれほどのことができるのか、冷静になればわかっていたのに。

それはおかあさんの事があったから。

そればかりではないよ、僕にも少しばかり欲があったのかもしれない。
その欲が君を悲しませてしまった。
取り返しのつかない事をしてしまったね。

許して欲しいとは言わないけれど、これからもそばにいて欲しい。
どこにもいかないで。

ウンウンと頷くことしかできなかった。だって言葉が出せないくらい喉が詰まっていたから。言葉は大きな泣き声になりそうだったから。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 268

    08/18

    迷う事なく体中を這い回る手に思わず、声が出てしまう。喉元...

  2. 906

    11/09

    僕にとって都合のいい言い草ばかりです。それも承知してます。...

  1. 396

    08/30

    む、むっつりすけべって、ケイちゃん、僕は。専属のドクター...

  2. 349

    08/25

    それがわかっているのなら、それが正解だと。ケイ、僕はね、君...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3