ブログランキング14

幸せのかたち

初恋から結婚まで…完結しました☆ 出産編を綴っています。

  • 記事数 575
  • 読者 1871
  • 昨日のアクセス数 16768

手を繋いで

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/16 19:54:24

  • 235
  • 0

転げるように笑いながら小走りで

陸に追い付こうとしていたら、

つまずいてコロンと転けてしまった。

そんなに痛くは無かったけど、

ストッキングが敗れて

ひざから血がジワーッと、にじんで出てきた。

転んだ私にすぐに気がついた陸は、

引き返してきて、

陸「菜乃花、ごめん。急いで歩きすぎた。
痛いか?」

少し…意地悪してみたくなった。

菜乃花「痛くて、歩けないかも?
おんぶして。」

陸は、絶対に、嫌がるだろうなぁと、

思いながら言ってみた。

陸「ほら。」

そう言って私に背中を向けてしゃがみこんだ。

えっ?おんぶしてくれる気だ‼

私の方が、焦ってしまって、

菜乃花「陸、ごめん、歩けるから大丈夫。」

陸「いいよ、痛いだろ?」

菜乃花「恥ずかしいし、本当に大丈夫だから。」

冗談のつもりだったのに…

陸に悪いことしちゃったなぁ。

陸「ちゃんと手、繋いで歩いてれば
転けなかったのにな。ごめんな。
歩けるか?」

そう言って手を繋いでくれた。

菜乃花「大丈夫、歩けるから。
陸は悪くないよ。
私が勝手に転んだんだから。」

そう言って、陸の手をぎゅっと握り返した。

陸の家の近くで、消毒液と絆創膏を買ってくれた。

そしてゆっくりと陸の家に向かった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 遼が海の家でビニール袋に氷をたくさんもらってきてくれた。...

  2. 陸の姿が視界に入ったとき、両方の鼻にティッシュを詰めてい...

  1. 167 熱

    03/28

    バイトが終わって外に出ると……陸君が、歩道の端でしゃがみ...

  2. 月曜は夕方の電車に乗れたので、駅まで送ってもらって。帰りまし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3