官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 796

#4 ふたりの形6

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/14 00:12:13

  • 31

高木は、ふーっと呼吸を整えて、

「今度は飲んで欲しいな♪」と笑って未央に言った。



未央「え!?」


(これを!? もしかして、みんな飲んでるの!?)


未央は驚きを隠せない。



高木「あはは、無理にとは言わないよ!(笑)そんなことどうでもいいから、未央、こっちきて。」



未央は高木の腕に頭を乗せ、高木を見るように横になった。



高木は、そんな未央の髪を撫でる。



高木「未央、すごく可愛いよ。俺、未央のことが本当に好き」



未央「うん、ありがとう」



未央は、まだどうしていいのか、よくわからない。


テツのことはまだ忘れられずに、いつも頭の隅にある。


高木に対しては、恋心があるのか、ないのかさえわからない。でも、可愛がってもらえて甘えられる時間が幸せだった。


未央は、高木とセックスをすることで、愛情を感じ、寂しい心が満たされていた。




高木は、未央に、自分のことをどう思っているのかは聞かなかった。


高木は、怖かった。


ずっと好きだった未央と、恋人のように仲良くしているこの現実が、その質問のせいで終わってしまうんじゃないかと思っていた。

余計な事を考えないようにしていた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. was sure having… Girls Time…...

  2. It was devastating news - powe...

  1. 2017/02/14 13:18:06 メルカリ 済フ...

  2. メルカリ 済フリル 済ラクマ 済...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3