アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 184
  • 読者 65
  • 昨日のアクセス数 63

彼から忘れ去られた、惨めな誕生日。

しおりをはさむ

2017/09/14 15:35:23

  • 11
  • 0

話は前後してしまうけれど、9月の彼の誕生日。
彼はこの年、40歳になった。
私は有名なケーキ屋に頼んで、彼の好きなレアチーズケーキを作ってもらい、彼の欲しがっていた鉄道模型をプレゼントした。
その鉄道模型は限定品だったらしく、彼はすごく喜んでくれた。

その約1ヶ月後に、私の誕生日がある。
私は彼に、その日の予定を聞いた。

「その日は、仕事やな」

返ってきた言葉は、それだけだった。
何でその日の予定を聞かれたのか、理由が分からないようだった。

結局、去年に引き続き誕生日プレゼントはなしだった。
「男性は記念日に拘らない人もいるから」
と、無理矢理自分の心を納得させようとしたけれども、やっぱり納得出来なかった。

職場の同期から、誕生日プレゼントをもらった。
花柄のハンカチ、モロゾフのチョコレート、ディオールのマニキュア。
私の大好きなものばかりだった。

同期ですら誕生日を覚えていて、プレゼントをくれるのに。
彼は自分ばっかりもらって、私な誕生日には興味がないんだな。
そう考えるだけで、惨めだった。
それでも彼を切れない自分が、余計に惨めだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 号泣

    2016/06/28

    私の誕生日のケーキはいつもサンタクロースがのっていた。...

  2. 早坂さんがやってくる当日になった。私も仕事を定時で終えて...

  1. Birthday。

    2016/05/17

    無事誕生日を迎え、また1つ歳を重ねました。笑だんなさんに...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3