官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 438
  • 昨日のアクセス数 1191

#4 ふたりの形2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/14 00:10:20

  • 20

1月が終わろうとしている。



あれから、未央は複雑ながらも、高木の優しさで、寂しさを埋めていた。



高木は、未央の事を想って頻繁にデートに誘ってくれる。未央はとても嬉しかった。



時には体の関係もあった。



家でお酒を飲むと、そういう雰囲気になり、流れのまま、お互いの体を求め合った。



セックスが終わる度に、未央はこんなに中途半端な関係で良いのだろうかと悩んだが、高木とセックスをしている時間はとても満たされていた。


そんなセフレのような、恋人のような関係が続く中、ある日、二人は居酒屋で酒を飲む。



未央「もうそろそろ、帰ろっかな。」



高木「そう。…なぁ、今日、泊まってけば?」



未央「う〜ん」



高木「俺、行きたいところがあるんだけど付き合ってくれない?」



未央「うん?どこ?」



高木「ラブホ!」



未央「えぇ!私、行ったことないし、なんていうか、そういうのはさ、まだちょっと」



言葉を濁らす未央に御構い無しの高木。



高木「行った事ないなら尚更だ。行こうぜー!」



楽しそうに未央の手を引く。


未央「ちょっ、ちょっと…!」



2人は少し歩き、ラブホ街に向かう。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. プラタナスふわりクルクル踊りふってくる穏やかなひか...

  2. これってあるあるだと思ってました。違うんですか?...

  1. was sure having… Girls Time…...

  2. On July 1, 1867, Canada became...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/25 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3