ブログランキング28

ほんわか日記

何気ない日常

  • 記事数 547
  • 読者 284
  • 昨日のアクセス数 9715

2017/09/12 08:28:00

  • 55

ここへ来るときはいつも甘やかな気分の時。
自分が別人のなったかのようにに思わせてくれる。分不相応なものに囲まれて、まるで夢の中にいるようだ。

でも今日は違う。

ボストンに来て欲しい、そう言われたんですよね。

そして先生は、行きたいって思ってる。
責めてるんじゃないんです。
むしろ、その決断ができないのなら、後押しをしてあげます。
好きなようにしてください。

できてるだろうか、余裕の笑顔。

聞いて。彼女の論文は、それが認証されれば、かあさんのような人が救われるかもしれないんだ。
ただ、君にもついて来て欲しい。僕のそばにいて欲しいんだ。

先生、それって私が聞いてるのは、明日とか、来週とか、来年の話じゃありませんよね。
10年単位の話ですよね。

そうだね、そのくらいはかかって当然の話です。でもそれで新薬に、取り組むことができたら

でもおかあさんはもういない。
先生、私が付いて行ったって、先生は私のところへは帰ってこない。近くにいたって、私たちが住む家に、先生が帰る事は、ほとんどないのでは?
きっと研究室にこもったきりになる。そして先生のそばには違う人がいる。

だから、それは女性だけれども、同僚として、同じ研究者としてというだけで、それ以上にはならないと言ったでしょう。

私はそこまでいい子にはなれません。
待ってるだけの女は色々考えるんです。

でもいいんです。私はこっちで。
待ってるとは言いません。いつ帰れるのかわからない人に、そんな心の負担をかけたくはない。
私ね、 先生のあんな目、初めて見たんです。キラキラしていて幸せそうだった。
大切な人が幸せでいられるなら、きっと私も幸せだから。

ケイ、僕は、君が

その先は言わないで。私、先生が好きなんですよ。ずっと好きです、
こんなに好きにさせてくれてありがとう。
私の中には先生が好きってのがいっぱいで溢れ出しそう。

だから自由になって。好きなことをして、いつでもキラキラしていてください。

同じテーマの記事

  • 55613時間前
  • 55414時間前
  • 55215時間前
  • 55513時間前

関連するブログ記事

  1. 「先生・・・それって・・・」先生「言わないつもりだった...

  2. 「やだ やめてください。」私が好きなのはA先生だけ。...

  1. 決意

    2016/02/16

    私には学生の頃からの夢がある。美術の先生になること、そ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. ママ友の発言にドン引きした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3