guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 671
  • 昨日のアクセス数 94

テーマ:小説 > 男女関係

2017/09/12 08:21:51

  • 87
  • 0

車が走り出すと、
私は抱え込んでいた
ずっしりと重いバラの花束を
自分の横に置いた。


朝から晩まで三連勤で
声を張り上げて立ち仕事をして
身体はクタクタだった。


出来ればすぐにでも帰って
何も考えずに
布団に潜りたかった。


でもそうはいかない。


私は真っ赤なバラの塊を
ぼんやりと眺めながら、
バラの香りって
意外と実物からは
あまり感じられないんだな…
と、疲れた頭で精一杯の
感想を捻り出した。


一方、運転席にいる聡くんは
珍しくよくしゃべっていた。


会社の人が梨沙子のこと
教えてくれてから
慌ててまだ開いている
花屋を探したこと


ただ連休最終日の夜に
バラ100本という在庫を
持っている花屋は
なかなかなくて苦労したこと


お店の人に記念日か何かかと
聞かれたが、
ただのクリスマスプレゼントと
答えたら、
クリスマスにバラ100本なんて
相手の女性は幸せですねと
褒められたこと


時間があったので
ケーキやチキンも買ったから
帰ったら食べようということ…


この話だけ聞いていれば、
聡くんは素晴らしく出来た夫だった。


だが、私が聞きたいのは
そんな話ではなかった。


私が家出してから
なぜLINEを無視し続けたのか


少しは心配したり
はたまた怒りを感じたり
していたのか


そして、
これから私たちはどうなるのか…


もっと話すべきことはある。


でも自分の意見を言って
また力でねじ伏せられるのは
嫌だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. クリスマスまでキミのことを考えていようキミがあたたかい...

  2. ユタ・・こっちはすっかり寒くなって来た。もう少し経つとク...

  1. クリスマスが、やって来ますね‥祝前日の今日、夫は帰ってこ...

  2. 今日はできあいものばかりでしたがクリスマスイブらしい夕飯に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/16 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3