官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 440
  • 昨日のアクセス数 1450

#4 アピール10

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/13 02:00:32

  • 22

次の日の昼ごろまで高木は眠っていた。


高木「はっ、寝ちゃったかー。佐々木?あれ。未央?」


ふとケータイを見るとメールが入っている。



高木「(内容を読む)…そっか。じゃ、仕方ないか。てか、俺ら、これから付き合うって事でいいのか?」



未央にメールを送信する。



高木《未央、これから、俺と付き合ってくれる?》



かなりの時間が経ち、夜になって返信が来た。



未央《ごめん、私、まだテツのこと忘れられない。高木と付き合っても、ずっと、忘れられないよ、きっと。ごめん。》



高木「そっかー…まぁ。そうだよなー。でも、」

独り言を言いながら返信する。



高木《いや、いいよ、大丈夫。未央の中にあいつがいても俺は良いよ。それでも、俺は一緒にいたい》



未央はそのメールを読む。



未央「高木…」



未央はテツを忘れられずにいながらも、高木のことを、意識するようになった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 陵君は続ける。陵「お前最近おかしくね?この前家に...

  2. その日学校に着いてすぐに、エミコに報告。私「…という訳で...

  1. おみやげ

    2016/10/31

    「小布施の    栗鹿の子と    栗羊羹買った...

  2. ワン、正確には、「アン」ベティが初めて鳴いた秀に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/22 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3