官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 434
  • 昨日のアクセス数 729

#4 アピール9

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/13 01:59:14

  • 19

未央がシャワーから上がると、高木は小さく いびきをかきながら眠っている。


未央「これから、どうしようかな。」


未央は布団に入ろうとはせず、あまり、音を立てずに部屋を出ることにした。



カチャッ…ン


未央(鍵、かけなくて大丈夫かな。男の子だし、大丈夫だよね?)


未央はパッとしない頭を抱え、家に着き、メールを入れた。



未央《親から実家帰ってこいって連絡きて、急に帰っちゃった。ごめんね!》


もちろん、特に親からの連絡はない。



未央「はぁーっ。高木のことは好きだけど…そういうんじゃない。

でも、ドキッとした…。あんな風に思ってくれてたなんて、知らなかったよ」


自分の布団にくるまって、眠った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. ケンスケに対して少しずつ気持ちが覚めていく。付き合い始めて...

  2. 焦り。

    2015/02/17

    慌ててタクシーを飛ばし家に帰る。2時。部屋は真っ暗。...

  1. 満足。

    2016/09/19

    何を思ってLINEしてきたのかわからなかったけどでもやっ...

  2. 機種変更

    2016/03/05

    連絡がとれないまま日曜日の夜になった。連絡が取れなくなっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3