ブログランキング7

旦那と…

旦那との生活を中心に 私のエッチな部分も

  • 記事数 233
  • 読者 376
  • 昨日のアクセス数 34541

妄想20

しおりをはさむ

2017/09/12 04:32:47

  • 16
  • 0

謙二はみかを避けるようになり、スレ違うことが多くなった

休みの前の日、LINEがきた
『みか、話がある。仕事が終わったら帰らないで駅で待ってて欲しい』
『わかった。駅に着いたら連絡して』

みかは別れ話を覚悟していた
すでに付き合って3年
謙二30歳、みか24歳になってた

謙二とみかは合流して、ホテルで食事をした
そのホテルはみかが一度は泊まってみたかった場所だった。
謙二はみかが泊まりたいことも知っていた

よりによって最後がこんな場所になるなんて……

食事と会計が済んだ
「ねぇー 謙二、もう帰ろうよ。ここにいると辛くなるよ」
「まだ帰らないよ。話終わってないもん」

嫌がるみかの手を引いて予約していた部屋に連れていった

そこはみかが夢見ていた部屋
「どうした❔ 早く入ってよ」

部屋の真ん中まで連れていかれた
「謙二……」
「みか、この前はごめんなさい。あんな言い方して」

「みかさん、俺と結婚してくれませんか」
花束と指輪を渡された

泣いて話せないみかを謙二は抱きしめてくれた
「ごめんね。みかが子ども欲しいって言ってくれたのに。本当は俺すごく嬉しかったよ。でも、俺からプロポーズしたかったから……
プロポーズはここでしょって決めてたから、一年前から予約していた」

みかは泣きながら
「私で良いの❔ よろしくお願いします」

謙二とみかは二人でお風呂に入り、ベッドで抱き合った

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/27 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3