ルルさんのブログ

  • 記事数 2
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 0

過去の記憶

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2017/09/11 23:41:14

  • 0

若い私には、その出会いは何かで見たような、初めてのような出会い方だった。
出会い方は、まるで運命を勘違いさせるには十分なであいだった。

彼は私たちの話しを聞いて、くっすりと笑い、そしてなにもなかったように知らない顔をして。。
そんなことが、続くと私から「なんですか?」話しかけていた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 運命の出会いがあるか。これは「ある」と思うんです。Da...

  2. ヒロ①。

    2016/05/25

    昨日郷土料理を食べに行った彼はヒロ。私のことを「彼女」と...

  1. 面白そうな人に出会いたいし、ついでに気持ち良くなりたいし、...

  2. 多分、運命的な出会いと一般的に言われてるものって奇跡的に会っ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3