きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1262
  • 読者 502
  • 昨日のアクセス数 367

Feel Good 10

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/12 09:53:22

  • 26
  • 0

「大和さんの元気ない原因だけどね」
「う、うん……」
「企画部に異動したくてずっと頑張ってたんでしょ?その話がダメになっちゃったんだって」
「えっ!?」


昨日仕事の後、ご飯を食べながら優奈ちゃんに聞いた話。


なんと大和くんの異動話がなくなった理由は……
森原さんが企画部配属になったからだった。

それで目前だったはずの大和くんの異動が先延ばしになったって……。


……私、全然知らなかった。

なんで何も話してくれなかったの……?



話をしよう。



そう思ったけどメールや電話で無視されたらと思うと怖くて……仕事終わりに待つことにした。

優奈ちゃんから聞いた次の日、会社前で待っていたら……

「ゆめちゃーん!こんなとこで何してんの?」
「きゃっ!森原さん!?」


今一番会いたくないってば!!


「もしかして俺を待ってくれてた!?」
「いえっ!違います!」
「あはは。だよね~。ね、よかったら今からメシ行かない?」
「いや……」


あ。

なんでこんなタイミングで……!


森原さんの向こうに、大和くんの姿。

「大和くん……っ!」

何も言わずに通り過ぎようとした大和くんを追いかけて、腕を掴んだ。

「…………」
「……話、したくて待ってたの……」


振り返って私をじっと見ると、その後私の後ろに視線を向けて……目を伏せた。


「……ゆめは結婚したいって言ってたよね」
「え、うん……」
「俺はまだまだ自分の目標も叶えられそうにないし、自分の事で精一杯なんだ」
「そんなの…っ」
「……そういう風に考えてるうちに、一緒にいるのが辛く思う様になった」


……え……?


「……もう、一緒にいたくない……ってこと……?」
「……ごめん……」



頭の中、真っ白で。


いつまでそこで立ち尽くしていたんだろう。




「弱ってるとこ、つけこんじゃおっかな」


……なんで、まだいるの?

っていうかずっと聞いてたの?



言いたいこと、頭に浮かぶのに声が出なくって

ただ森原さんの腕の温もりに、体を預けた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. Secret Pro...

    2017/05/20

    いつの間にか目の前に、緊張した表情の大和くん。「わっ」...

  2. 「えっ…。ちょっと待っ…!」言い終わらないうちに、私はウ...

  1. Dreaming G...

    2017/03/08

    「うわっすごい風…」「痛っ……目にゴミが……」今の突風...

  2. 羽島さんと2人で話しているときはユメコちゃんと呼んでくれる...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3