官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 435
  • 昨日のアクセス数 527

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/10 09:17:58

  • 16

高木は遠くからそれを見ていた。



未央は定時で仕事が終わり、会社の玄関から出ようとする。


高木「佐々木!」


後ろから追いかけて声をかけた。


未央「…なに?」


高木「その、大丈夫か?」


未央「大丈夫じゃない…元はと言えば…。

ううん、なんでもない。」


高木「…そっか。気をつけて帰れよ。」



未央「うん。」




未央(高木は悪くない。…でも、何かのせいにしたいよ…。)



高木は、未央のあまりにも落ち込んだ姿を見て少し可哀想に思った。


高木(佐々木…。いや、これは、チャンスなんだ。俺がこいつの笑顔を取り戻す。)


その後、高木は毎日、未央にたくさん話掛け続けた。



未央の返事はそっけなく、飲み会や、出かけの誘いなどは、すべて断られた。



3ヶ月ほど経った。

季節は11月に入り、街中、クリスマス色、一色だった。


未央は少し落ち着きを取り戻していた。


しかし、去年のクリスマスを思い出してしまう。



未央「去年は、幸せだったな…」


未央はまだネックレスを付けている。


未央(あと、少しで年が明けて、そして、もう一回年が明けたら、きっと、また元に戻れる。…でも、すっごく不安だよ、テツ…)


高木が会社の廊下で未央に話掛ける。


高木「佐々木、クリスマス暇だろ?飲みに行かね?」


未央「なんで決めつけんのよ。う〜ん。(確かに、ひとりだと寂しいかもなぁ…)


高木「田辺も一緒にさ!」



未央「景子も?(じゃ、迷うことないか。)じゃあ、行こうかな」


3人は、クリスマスイヴに飲むことにした。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 今年もプ女子な一年だったな。昨日で今年のプロレス興行は終...

  2. 509

    2016/01/25

    あっ....人生を変えるとか大きく言い過ぎたかも....。...

  1. 今年はあと1ヶ月で終わり。早いなぁ⁉(^_^;)も...

  2. 年が明ける前に、のこのことやって来てしまいました(笑)...

    四角関係

    • 157
    • 2

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3