セレナさんのブログ

  • 記事数 82
  • 読者 4
  • 昨日のアクセス数 13

テーマ:小説 > 初心者

2017/09/09 06:01:15

  • 1
  • 0

すぐる「俺さ、ずっと葵さんのこと馬鹿女だと思ってた」

「んなっっっ!!!!」

すぐる「いや、こうやって絡む前よ?海と付き合うとかほんと初期、あーあ、馬鹿な女だなーとか、おもっちょった。けどさ、海のSNSみて幸せそうに順調にしてるところ見て、おー、人って変わるんやなぁ、やっと海も変わるんやなぁとか半分俺も一応友達として嬉しかったんよ。なのにいきなり別れたーって葵さんからきて、なんで?!って思っちょったけど、人はやっぱりなかなか変わらんっちゅーか、クズはやっぱクズなんやなぁと。そして、葵さんは話してみたら意外としっかりというかいい子なんやなて。捨てるなんて海ほんっまアホというかバカというか後悔すると思うんよ。俺だったら後悔する。やけえ、葵さんには絶対もっといい人おると思うし、幸せになってほしい。」

「ありがとう。私は海を変えられなかった自分を責めてたけど、なんか救われたよ。すぐる君がいたから海の本当の姿を見つけられたし、納得も行った。すぐる君も落ち込みすぎないで良い出会いあるよ、良い人だもん。お互い幸せになろうね。1人の恋人を失ったけど、1人の友達を得た、これだけで充分何も無駄じゃなかったって思える本当にありがとう。」

そのあと、別れてから約1ヶ月後
海の家に荷物を取りに行くことになった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 翌日、学校に行くと葵に別れた報告をした。...

  2. 海と別れて1週間後ドンキのレシートのような長い文が送られ...

  1. 「そうなんだ。カノンは佑輔のこと好きだと思ってた。ごめんね」...

  2. 私はすぐると連絡を取った。もう軽くミステリーくらい怖いと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/18 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 友人の子供を注意してもいいか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3