セレナさんのブログ

  • 記事数 82
  • 読者 4
  • 昨日のアクセス数 21

テーマ:小説 > 初心者

2017/09/09 04:56:33

  • 0
  • 0

『どういう意味?ごめん電話できない?』

すぐる『これから仕事やけ、終わったらできる』

『わかったありがとう』

そして寝ることもできずただひたすら布団の中で連絡を待った。


♪♪♪すぐる

『終わったー』

『お疲れ様!早速で悪いけど電話していい?』

♪♪♪♪♪すぐる☎︎

「も、もしもし」

すぐる「うぃっすー!で、なんだっけ?海と地元の奴らの話よな?」

「そう。どういうこと?」

すぐる「んーまあ、一応友達って立場で言うのもあれなんやけど、あいつ嘘つきなんよね」

「嘘つき?」

すぐる「そう、知ったかーと言うか、まあ、いろいろ嘘つくんよ、なんでか知らんけど」

「そうなんだ…」

すぐる「で、その好きな子できたって誰かわかったん?確かなんやっけ?あいつ…飲み屋で働いちょるよな」

飲み屋?!

「え、ちがうよ…パチ屋」

すぐる「え?」

「え?」

すぐる「どっちが本当なんやろ…まあこんな感じで嘘つくんよあいつ…あ、いや待てよ?」

「うん、嘘つかれてるのは私だ」

すぐる「残念ながらそうかもな。俺あいつがキャバのボーイやってる話聞かされちょる時女の子の写真っつーか面接の子に対してのグルチャのスクショ送られてん、今送るわ」

♪♪♪♪すぐる[画像]

「……………。」

ということは…

「るなちゃん…って知らない?」

すぐる「るなちゃん?知らんなー。その子も騙されちょるんかもな。」

「海が数ヶ月前からアプローチされてたり、LIMO交換求められた理したって話聞いてない?」

すぐる「…ちょまって?そういやなんか自慢こいてたなゆーてたな。…これやない?」

♪♪♪♪♪すぐる[画像]

絶句した。

るな:交換してくれてありがとうございますー!夢みたいです😍

海:いえいえー!そんな喜んでくれるとこっちも嬉しくなるわ☺️

というような感じのやりとりのスクショだった。


夢みたいです?こっちは悪夢だわ。

すぐると話していくうちに私の中の海はどんどん崩れていった。

他にもたくさんの嘘があって
大元の話はズレてないものの
少しずつ自分の都合のいい方に
嘘をついていたことを知った。

その中でも私にとって
仕事を嘘ついていたということは大きかった。

さすがに傷は癒えないものの
別れて良かったと安堵していた。
それと同時に海に深い闇を感じた。

すぐるはよく励ましてくれたり気にかけてくれたが、私は別れたことへの悲しみや嘘を付かれた辛さや後悔の末にこれで良かったんだ、でも…というループにハマった。
同時期に最近付き合い始めた彼女が
実は彼氏がいたというすぐるが知らないうちに浮気相手にさせられていたということがあり
お互いに励まし支えあっていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 嘘ばっかりほんっと嘘ばっかりなんでそんなに嘘つけると...

  2. きみが嘘をついているぼくはそしらぬかおでききなが...

  1. その後も「毎月おまいりに行こう」と言った彼。私は1人...

  2. 嘘。

    02/20

    嘘って、どんな時につく?相手に嫌われたくなくて、呆れ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/16 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 仕事に行くフリして働かない夫
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3