セレナさんのブログ

  • 記事数 69
  • 読者 4
  • 昨日のアクセス数 107

テーマ:小説 > 初心者

2017/09/09 03:27:10

  • 0
  • 0

「寂しい」
たったそれだけで謝られもせず反省もされず悪びれなく半ば強引に欲望を身体の中で吐き出されて終わり。
なんて虚しいんだ今夜は。
横で満足そうに酒臭い寝息をたててる海への不信感は消えなかった。

何かおかしい。
でも、海に限ってそんなことはない。

やってしまったことは必ず返ってくる
報いは必ず受ける

海に限ってそんなことはない。

そんなことをぐるぐる考え眠れない夜を過ごした。

海といても不安は今までもずっとあった。
それは私がしたことが返ってくる報いを恐れてからの不安であって海のせいではない。
海にぶつけるのは違う。

そう思い続けてきた。

けど、少しずつ変わっていく私たち。

終わりはもうあと少しのところまで近づいていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 夕陽が傾く頃露天風呂に入る海が金色にさざめき輝いている...

  2. ………クリスマスイブの夜…...

  1. 海に

    2015/06/18

    海に向かうところで私の名を呼ぶ声がした。振り返ると...

  2. 待つこと

    2013/08/06

    メールは返ってきていなかったが、きっと、きてくれる...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3