セレナさんのブログ

  • 記事数 69
  • 読者 4
  • 昨日のアクセス数 28

テーマ:小説 > 初心者

2017/09/09 02:53:44

  • 0
  • 0

別れよ

この一言が衝撃的だった。

葵『こんなことで別れよってなに?ただ一言ごめん先輩から誘われてさすがに今回は付き合ってくるから会えない、会えるとしても何時から何時までになっちゃうけどどう?とか言えばよかっただけじゃない?』

海『俺もう疲れたんだそんな風に伺い立てるの。簡単に言ってるつもりもないよ。もうだるい。別れて。さようなら』

私は戸惑った。いつも優しくて独占欲が強く甘えん坊の海から文だけなのに冷たさしか感じなかった。

結構散々に言われたものの
別れたくないと私は懇願し
私が悪かったと遜った。

別に葵が悪いわけじゃない俺が悪い
と、海は言った。

私はせめて最後に電話だけしたいと申し出た。

結局海の勢いは電話した途端すぐおさまり
別れることは流れた。

豹変といったら大袈裟かもしれないけど
私にはかなり衝撃的だった。
変わりぶりが怖かった。

結局海の家に約束の時間までということで行った。
その時も普通でいつもの海だった。

ところが

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ………私を見る目がいつもの桐山くんとは...

  2. いつものように橋を渡るイチョウ並木をすぎて風を切って...

  1. 少しずつ、海から先輩と〜という言葉を聞くようになった。職...

  2. 砂浜に座り眺める海はいつも冷たい何もなかったように...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/21 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3