セレナさんのブログ

  • 記事数 69
  • 読者 4
  • 昨日のアクセス数 28

テーマ:小説 > 初心者

2017/09/09 02:40:44

  • 0
  • 0

少しずつ、海から先輩と〜という言葉を聞くようになった。

職場の先輩との付き合いもあると思うから、私のことは良いよと何度も言ってきたが今までは海が勝手に断ってきた。
それも半年経てば逃げるのはそろそろ難しくなるからたまには付き合いをしてくることがこれからはあると思うごめんと海は言った。

ここから変わったのかな
どこから?いつから?

それは分からないけど
多分最初から。

私が見てきた『海』はハリボテだった。

名前も顔も同じなのに
知らない人だった。

そんな感じ。


私と会う約束をしていた日の前々日に

先輩と遊ぶ約束したー

と連絡が来た。

ん?それは私とは会わないってことなのかな?
それにしてもごめんのひとつもないって
そもそも忘れてるのだろうか。

じゃ、会えないってことで良いのかな?
と返すと

ううん!会えるよー!

とだけ返ってきた。

全く意味がわからない
私も先輩たちに会うの?
少し苛立ちながらやりとりをした

葵『どういうこと?先輩と遊ぶんじゃないの?いきなりそれってちょっと酷くない?」

海『俺だって断り続けるのしんどいんだよ』

葵『そういうことじゃなくて、せめてごめんの一言くらい言えないの?さすがに決定事項だけ言われるのは私の予定とか都合とか無視されてる感じもするしムカつくわ』

海『あっそ、なら別れよ。」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 別れよこの一言が衝撃的だった。葵『こんなことで別れよ...

  2. ドキドキしながら階段を上がる人を待った。足音からして、どう...

  1. 翌日、陽一先輩に電話した。少しで良いから会いたいと。...

  2. 326高校生

    2016/05/13

    朝目覚めるとはやと先輩はまだ寝ていたはやと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/21 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3