セレナさんのブログ

  • 記事数 69
  • 読者 4
  • 昨日のアクセス数 20

テーマ:小説 > 初心者

2017/09/09 02:29:22

  • 0
  • 0

私はすぐに電話をかけた。

「もしもし?海?なに?」

「本当はサプライズでもしようかと思ったんだけど…俺、2月6日に東京に行く。」

「・・・・・・・・え?」
涙が静かに頬を伝った。

たった2週間もすれば会えるんだ、海に。

そんな喜びを押し込んで

「仕事は?どうすんの?」
そう、私は現実を忘れちゃいけない。

「本当は車の工場で寮住まいにしようかと思ったんだけどうまくいかなくて、パチ屋に決まった。」

パチ屋…偏見と言われようと私からすれば土方のが安心できたなって言葉を飲み込んだ。


そして当日、言葉を交わさずともお付き合いが始まった。
海との交際は順調で
いわゆる週末同棲状態だった。

毎週毎週仲良くしていられたし、これといった喧嘩もなく倦怠期もなく順調。
半年記念日には某有名な動物ランドにも行き、
果たして過去を振り返ってもこんなに好きって気持ちが減速せずいられる恋人はいただろうかというくらい溺れていた。

…そんな風に思っていたのは私だけだったのかな。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 無事に2人とも3年に進級4月になって涼は 18歳を迎え...

  2. 今宵の月

    2016/12/11

    寒い夜空に輝く白銀のお月様キミに思わず声かけたねぇ、...

  1. 分身が沖縄からめーるくれた。2014年09月08日(月...

  2. 分身。

    2015/09/14

    裸足の月が星の海を掻き分け深入りするもう逃げ場はな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/24 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3