アヤノのフィクションROOM

ブログ再開しました🎵 コメントはいつでも受付中(*´∇`*)

  • 記事数 647
  • 読者 294
  • 昨日のアクセス数 1983

壊れた心80

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/13 09:21:22

  • 41
  • 0

🌷





急に手を握ったから
ダイさんは驚いていた


ダイ
「ユウカ・・・ちゃん?
どうした?」

「好き・・・」


思わず今の感情を
口に出して伝えてしまった


ダイ
「えっ⁉・・・あ、ありがとう🎵」

「はっ❗ご、ごめんなさい❗
こんなところで・・・」

ダイ
「いや、嬉しいけど🎵
でもここでは抱きしめらんねぇな(笑)」


ダイさんの言葉にまた恥ずかしさが込み上げ
俯き顔を隠した

そんな私の頭をポンポンと撫でてくれた




そして電車がついたのは・・・


ヒロキ先輩・・・・・・


そう、ヒロキの実家の最寄り駅だった


「ダイさん?」

ホームに降り立ち
ダイさんを見上げた


ダイ
「一番先にヒロキに報告したかった。
俺達が付き合うこと。」

「えっ⁉じゃ、じゃぁ・・・」

ダイ
「まぁ、行こっか。」


何とも煮え切らない感じで
ダイさんの後ろを着いていった



駅から10分くらいのところ

閑静な住宅街


立派な家が立ち並ぶ

そこにヒロキの実家も

負け劣らずどっしりと構えて

存在感をアピールしていた









🌷

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3