アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 309
  • 読者 98
  • 昨日のアクセス数 101

「会って話したいことがあるんや。」

しおりをはさむ

2017/09/12 06:42:35

  • 5
  • 0

彼が実家へ帰ってから4ヶ月、私は婚活が上手くいかず心はボロボロだった。
その年、私は28歳になろうとしていた。
当時言われていた女性の平均初婚年齢が28.5歳。
つまり、同い年の女性の半分は結婚している計算になる。
そう考えると、私って何なんだろうなぁと虚しくなった。

そんな哲学者でも解決出来ない悩みを抱えていた頃、再びケータイがピンクに光った。

「お久し振りです。
会って話したいことがあるんやけど、次の休みはいつですか」

今思えば、ここで返信をしなければ運命は違っていたかも分からない。
しかし私は、バカだった。
2日間悩んだ挙げ句に、返事を出してしまった。

そうして彼と、数日後にレミさんの店で会うことに決まった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ある飲み会にて私より4歳年下の女性に「凛子さん私より年下...

  2. 男は自分が若い時には年上の女性に憧れ自分が年を取れ...

  1. 私達は息を呑んだ。声を出したのはステファンの方からだった...

  2. 正直、年の差問題どころじゃない気もするけれど。。( ¯...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/18 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3