アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 174
  • 読者 63
  • 昨日のアクセス数 1432

「私は彼に利用されたんだ!」

しおりをはさむ

2017/09/11 12:35:53

  • 6
  • 0

彼はこの時、1ヶ月ほど休職してヘルニアの治療に専念した。
私の家の近所に有名な整形外科があって、そこへ通うようになったらめきめきと良くなった。

1ヶ月ほど彼は、私のアパートから数日おきに通院していた。
最初は歩くのも痛がったのでタクシーで、良くなってきてからはゆっくりと歩いて。

その間私は、彼から特に生活費はもらわなかった。
私が仕事へ行っている間に彼が食事の用意をしてくれたりしたけれども、冷蔵庫の食材は私が買って入れておいたものだった。

そして彼は1ヶ月で仕事へ戻れることになり、実家へ帰っていった。
実家へ帰ると、再び音信不通となった。

「ああ私、彼に利用されたんだ!」

そう気付いた時には、彼が家を出てから半月ほど経っていただろうか。

「今度という今度は、もう彼のことは忘れよう!
早く次の恋を探そう!」

そう意気込んで、私は躍起になって婚活を始めたのだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3