guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 669
  • 昨日のアクセス数 117

テーマ:小説 > 男女関係

2017/09/08 08:17:05

  • 85
  • 8

片付けや挨拶を済ませ、
三日間お世話になった
サンタクロース風ワンピースを脱いで
帰り支度をした。


守衛さんに入館バッチを返して
社員用通用口から
建物の外に出ると、
冬独特のキンと冷えた空気が
肌に感じられた。


「さむ…」


と思わず独り言を呟き、
スマホを取り出して
派遣会社に業務完了の
報告電話を入れた。


「…はい、はい。
ありがとうございました。
お疲れ様でした。」


と言って通話を切りながら
駅に向かって歩き出そうとすると、
物陰から人が飛び出して来て、
反射的に身構えた反動で
スマホを落としそうになった。


「…梨沙子。」


そこに立っていたのは
聡くんだった。


しかも大きな
バラの花束を抱えている。


「聡くん…どうして?」


「俺の同僚がこのスーパーで
梨沙子がケーキ売ってるの見たって
教えてくれた。」


「……!」


私は驚きなのか緊張なのか
分からないが
心臓がバクバクして、
うまく次の言葉が出てこなかった。


聡くんはそんな私を御構い無しに、
抱えないと持てないくらいの
バラの花束を差し出し、


「今までわるかった。
一緒にアパートに帰ろう。」


と彼なりの精一杯の言葉を
投げかけてきた。


思いがけない場所で
思いがけない人物に会い
予想もつかないような
プレゼントを差し出され、
私は完全に思考が停止した。


聡くんは
私が返事しないことを
肯定的に捉えたのか、
ホラ、と言って花束を私に押し付け、


「車で来たから乗れよ。」


と言って路駐していた
車の方を指差した。

同じテーマの記事

コメント8

しおりをはさむ

  1. ローラさん(29歳)ID:6597867・09/11

    シオンさん

    コメントありがとうございます。
    本当、時間が戻せるなら行っちゃダメという言葉を聞かせてあげたいです…(^^;

  2. 紫遠さん(40歳)ID:6596507・09/08

    行っちゃダメーー!!!

  3. ローラさん(29歳)ID:6596488・09/08

    マリアンナさん

    お読みいただきありがとうございます(^^)
    リアルタイムでノンフィクションで書けて、そなときにこうやってコメントをいただいていたら、今と違った未来があったのかな、なんて、意味のない「もしも」を時々考えてしまいます…笑

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 彼の会社と私の会社は車で5分ほどの距離にあり、そのちょうど真...

  2. 661。

    2016/05/20

    突然、アキラの部屋の電話が鳴る!誰?何度も呼び出し音...

    流転

    • 263
    • 0
  1. S先生とお会いしましたよーという話題で久しぶりにN社長とメッ...

  2. 2月も終わりに近づく。少しずつ暖かい日も増えるようになって...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3