ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2356
  • 読者 647
  • 昨日のアクセス数 35276

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/11 23:13:46

  • 67
  • 0

俺は…落ち込んでいる。

鈴亜から男がいると聞かされた後、諦められずに学校まで行くと…さらに男を忘れられないからと強く言われ…

そんな時に、妹の真珠美がオシャレをし始めたのが気に入らなかった。

どう考えても男だろ!!って、二人の弟も真珠美の変貌ぶりを遠巻きに見てた。

俺がついてなきゃ、今頃いじめられっ子だったはずだ。

おとなしく慎ましく、目立たない真珠美がいじめられずに済んだのは、常に俺が真珠美の後で存在感を出していたからなのに…

俺は長男として、弟達と妹を守る義務がある。

今まで通り、普通にしてりゃ良かったのに…

真珠美はオシャレ女子がかけるようなメガネをして帰って来たかと思ったら…

髪型も変えた。

それまでおふくろの塗ってる何かの油みたいなのを使ってたのに、お使いのついでにドラッグストアで安かったとか言って、塗るだけでほんのり色付くリップなんて買ってきやがって…

まだ早い!!

俺はそう思いながらも、特には口にしなかったが…

そんな真珠美が…

天パか!!って言いたくなるような、完璧なパーマ頭の男と楽しそうに話してやがった。

確か、英語の塾の日なのに。

それを休んでまで!!

聞けば、やたらと『なよっぽい』その男は、真珠美のメガネを壊した男…

て事は、俺が殴った男。

本来の俺なら、ビシッと無礼を詫びる所だが…

真珠美のかけたシャレたメガネも、そいつからの贈り物だと知って逆上した。

まだ早い!!

だが、俺の注意を真珠美は聞くどころか…

『似合わないメガネって何よ!!あたし、生まれて初めてオシャレが楽しいって思えたの、このお兄さんのおかげなんだから!!お兄ちゃんは、あたしの事、何も似合わないブスって思ってたのね!?』

ブス…

ブスなんて!!

いや…

そりゃあ、鈴亜と会った日は、真珠美の顔ってどうしてこんなに平坦なんだー?って思わなくもなかったが…

いやいやいやいや!!

あーーーー!!

俺、兄として最低だ!!


自分のまいた種なのに、1万ポイントぐらいのダメージを受けた。

そのまま鈴亜に会いたくて桜花の近くをウロついてると…佐和に会った。

つい、流れで…佐和を待ってた。なんて言って…

なのに鈴亜は元気か?って聞いた俺に、佐和は…

『あの二人、より戻しましたよ』

『結婚するかも』

『幸せになれよってビシッと身を引いた方がカッコいい』

…………あああああああ!!

そこでもまたダメージを受けて、押してるバイクもいつもの100倍重い気がする…

やっとの思いで家に帰り着くと…

「ああ、もう…やっと帰った。慶彦、ご飯だよ。」

おふくろが、面倒そうに言った。

テーブルには、祖父母も親父も二人の弟も真珠美も…着席してる。

俺が真珠美を見ると…真珠美はチラッと俺を見たものの…ふいっとそっぽを向いた。

「……」

無言で椅子を引いて座る。

「真珠美の塾が休みだと、全員揃ってご飯食べれるんだなって思うと、あまり行かなくていいんじゃないかって言いたくなるなあ。」

無口な親父が、ボソッとそう言った。

…え?

本当に今日休みだったのか?

さりげなく、電話の横にあるカレンダーに目をやると…

真珠美の予定が何も書いてない。

毎週木曜は英語なのに、今日だけ何もない!!

「…先生、新婚旅行なんだって。」

いただきます。をして、茶碗を持った真珠美が小さく言うと。

「ま~、いいわねえ。どこに旅行されるのかしら。」

「オーストラリアって言ってた。」

「じゃ、アレだよな。コアラと写真撮ってくるやつだ。」

「オーストラリアってコアラ以外ないよな。」

「マサ兄ちゃん行った事ないクセに。」

「ははっ。」

家族の楽しそうな会話を聞いて、俺だけが蚊帳の外な気がした。

真珠美を守って来たつもりが…

俺は…


とんだ自己満足野郎だ…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3