ブログランキング17

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3336
  • 読者 728
  • 昨日のアクセス数 15243

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/11 22:46:32

  • 74
  • 0

「…邑さん?」

あたし、眉間にしわを寄せて…その姿に声をかけた。


今日、あたしは…鈴亜が美容院に行くって言うから付き合った。

二人して、バレない程度のヘアマニキュアをして、帰りには雑貨屋でイニシャル入りのクマのぬいぐるみを見て騒いだりなんかした。

…なんていうか…

あたし、今まで男と遊ぶのが忙しいって言うか…

鈴亜の事、友達だって言いながらも、こんな風に過ごす時間ってあまりなかった気がする。

鈴亜は若干箱入り娘だからか…

学校が終わると、すぐ家に帰る子。

だから、あたしが鈴亜と居るのは、学校にいる間だけって感じだった。

ま、男がくっついて来てた時は?

おこぼれもらおうと必死だったけど。


鈴亜、今まで一人で美容院行ったり、雑貨屋眺めて帰ったりしてたのかな…

なんて思うと、今度からあたしがそれに付き合いたいって思った。

だって、意外と楽しかったんだよね…

女同士で戯れるのが。


「…おう。佐和か…。」

あの邑さんが…

すごい猫背で、今にも倒れそうな雰囲気で…

バイクに寄りかかってるとは言い難い体勢で…

「おまえ待ってたんだ…」

あたしを待ってたらし…………えっ?

「え…えっ?あ…ああああたし…?」

「ああ…」

どっどうしてー!?

邑さん…もしかして、あたしの普通過ぎる女の魅力に気付いちゃった!?

可愛い鈴亜の後に、ちょっとお茶漬け的な!?

あたしが勝手にそう盛り上がってると…

「…鈴亜…元気にしてるか?」

あ。

そこですか…。

「元気ですよ。彼とヨリが戻って幸せの絶頂です。」

期待持たせるのもどうかと思って、あたしはストレートにそう言った。

すると、邑さんはハッと顔を上げた後…

「も…戻ったのか…」

ガクッと膝を地面に着いて…もう…何だか…酔いしれてない?って、引いちゃう。

「あの二人、もう固いですよ。諦めた方がいいかも。」

追い討ちをかけるように。

「結婚するかもだし。」

そこまで言うと。

「うう…鈴亜…ううう…」

はっ!?

邑さん、泣いてんの!?

「天使とか…よわっちい奴かと思ってたのに…」

「う…そ…それは…」

確かに…見た目…強そうではないよ…

でも!!

鈴亜と並ぶと、こっちがニヤケちゃうぐらい、可愛い二人なんだもん!!

「邑さん…こう言っちゃなんだけど…幸せになれよってビシッと身を引く方がカッコいいと思う…」

あたしが遠慮がちにそう言うと、邑さんはしばらく何か考えてるようだったけど…やがて…

「…そうだよな…そうだ…って、頭では分かってんだけどな…」

そうつぶやくと、ゆっくり立ち上がってバイクに手を掛けると、無言でそれを押して歩いて行った。

…邑さん!!

最近、あたしの前では押してしかいないよ!?

前みたいに、颯爽と乗ってカッコ良くキメてよー!!

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 41st 47

    09/12

    今年もクリスマスは一人かあ…なんて思いながら、あたしは一...

  2. 41st 15

    09/10

    あたしの名前は高橋佐和子。桜花高等部の三年生。すっご...

  1. 41st 17

    09/10

    「り…鈴亜…大丈夫…?」どうやら…男の天使が鈴亜の彼氏だ...

  2. 16th 9

    06/10

    「あ、邑さんだ。」佐和が弾んだ声で言った。校門の前、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/24 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3