官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 435
  • 昨日のアクセス数 527

#3 大切だから3

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/08 02:37:43

  • 14

仕事が終わり、未央はすぐさま家に帰って、テツを待っていた。


未央(まだかな、まだかな♪)


久しぶりにゆっくり会えることがとても嬉しかった。



3時間ほど経った頃に、インターホンが鳴る。

ピンポーン、ピンポーン


未央「あ!テツ来た!」



勢いよくドアを開ける。



テツ「遅くなって、ごめん。」



スーツ姿のテツを初めて見る未央。


とてもカッコよくてテンションが上がる。


未央はテツに飛びついた。


未央「ううん!全然、大丈夫!入って。」


部屋に入って、すぐにテツが切り出す。



テツ「未央、大事な話があるんだ。」


未央「なに?」


テツ「座って。」


先ほどまでルンルン気分だった未央は、真剣な面持ちのテツの顔を見て嫌な予感がした。



テツ「明日、日本を発つよ。」



未央「…そっか。仕事だから、お見送り行けないや…。」



テツはそっと未央を抱きしめ、未央を自分の胸のあたりで包み込み、話を続ける。






テツ「未央、俺たちさ…………、



別れよう。 」






未央「!!!!!!」

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 玄関のドアの向こうから聞こえてきたのはノブオ君の声だった。...

  2. 接待③

    2016/07/23

    子供たちと、楽しく過ごしていれば半減される寂しさも真...

  1. 林、生きてました。元気に生きてました。すくすく育...

  2. このままじゃ…明日も、きっと…返事を待ち続けてしまいそうだ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3