ちはるさんのブログ

過去のプラトニックなお話です。

  • 記事数 95
  • 読者 51
  • 昨日のアクセス数 19

こぼれ話 帰り道①

しおりをはさむ

2017/09/12 15:03:02

  • 3
  • 0

『お前、帰り道分かる?』




『あ、はい・・ 簡単な道だったし・・・』



『そっか・・・』






あー帰りたくないなー 

先生と別れたくないなぁ・・・







先生が立ち止まった。







『待って。

俺もちょっとコンビニ行きたいから一緒に外出る。

ちょっと待ってて。 あ、あと志水先生にも声かけてくるから。』





そう言って、私の返事を待たずに、さっきまでレッスンをしていた部屋に引き返していった。






やった!   外まで一緒だー   もうちょっと一緒にいられる・・・♡









先生は楽器を部屋に置いてきて、代わりにコートを羽織って部屋から出てきた。


首にはストラップをかけたままでいる。





私のいる事務所の受付に戻る途中で、志水先生のいる部屋に外から声をかけた。



『先生ーー 村井が帰りますー』




すると志水先生が部屋から出てきてくれた。
志水先生は珍しく眼鏡をかけていて、田北先生と一緒に受付にいる私のところまで来てくれた。




志水先生からは頑張るように、といった挨拶をしてもらって、私も事務所の一室を使わせてもらったお礼を言った。





『田北くんも外行くの?』


志水先生が、コートを羽織った田北先生を見て聞いた。



『ちょっと下のコンビニまで村井を見送りがてら。』





先生の受け答えを聞いて、そういえば事務所が入っているビルの横にローソンがあったな、と思い出した。


ビルから出たらすぐバイバイだけど、まぁ仕方ない。
そこまでは一緒にいられるんだから。







志水先生に改めて挨拶をして、田北先生と事務所を後にした。




下るエレベーターのなかでは、先生は静かだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3